2020年6月 6日 (土)

ボランティア・グループ2020年度総会/6月度月例会ほか

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行いながら、6月3日より通常開館となりました。

3月以降、ずっと自粛をつづけていたボランティア活動ですが、博物館が通常開館となりましたので
とりあえず、延期となっていた2020年度ボランティアグループ総会と6月度月例会を行いました。

・・・といっても、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、集会は狭いウェルカム・ルームを避けて
大部屋であるオリエンテーション・ルームで間隔を空けて座り、
時間も30分以内に抑えるということで、博物館からの連絡のみという内容でした。

1.博物館 から新年度の挨拶

2.博物館側から連絡事項
・新型コロナウィルス感染拡大防止の今後の対応について
 館内のガイドやT-3体験搭乗支援など接客系のボランティア活動は、6月一杯は自粛を継続します。
 状況次第では7月中旬ごろから再開できるかもしれませんが、様子見といったところです。
・ボランティア登録の更新について
・新年度の博物館体制、事業計画等について
・その他、連絡事項等

3.「空宙博ボランティア活動の手引き」について
 航空宇宙博物館でボランティア活動を行う上での心得や、今後のボランティア新規募集の際のため、手引書を作成・配布しました。

4. 前月度の活動報告(定常活動以外)
 3月~5月は新型コロナウィルス感染拡大防止のため活動休止

5.ボランティアご意見箱 と 展示機説明 ・・・次回へ延期

~~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、7月4日(土) 10:00~の予定です。

 

~~~~~~~~

接客系の活動は、まだしばらく自粛が続きますが、
来館者との接触をしない裏方作業や屋外展示機維持活動については、感染防止対策と3密状態を避けることを条件に実施許可が得られましたので、

4月4日に臨時休館になって以降、やれていなかったUS-1A救難飛行艇の機内水抜き作業を行いました。

一応、4月4日には状態確認だけはやっていたのですが、それから2カ月間は活動も出来ずにほったらかし状態だったので(泣)、
結構、水が溜まっていました。

P200606_1
P200606_2

あまり時間をかけられないので、今日のところはUS-1Aの水抜きと機内換気を行っただけで終わりにしました。

ご支援いただいたボランティアの皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

5月19日(火)から開館になりましたが・・・

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、4月4日(土)から休館になっていましたが、
岐阜県の緊急事態措置の緩和を受けて、5月19日(火)から開館されることになりました。

ただし、完全な状態での開館ではなく、いろいろと制限のあるなかでの手探りの暫定開館といったところです。

空宙博再開のお知らせ

入館者数の制限や、時間を区切っての観覧など、感染防止対策をしつつの開館になりますので、ご注意ください。
空宙博公式WEBのお知らせをよくご確認・ご理解のうえ、来館くださいませ。

また、濃厚接触を避けるため、ガイドツアーや体験コーナー、イベントは中止継続です。

ボランティアは引き続き活動休止の状態が続きますが、辛抱するしかないです。

・・・いつまで続くんだぁ~ (T_T)

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

ボランティア活動休止期間、更に延長

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の延長のため、
岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は、5月31日(日)まで休館期間が延長となりました。

これを受けて、5月9日(土)に予定されていたボランティア総会/月例会は、6月6日(土)に延期です。

ボランティア活動も5月末までは休止とせざるを得ません。
屋外展示機のことが心配になってきちゃいますが、この状況ではしょうがないですよね。

しょうがないので、この連休中はお家で模型作りにいそしみましょう!、ということで

A&Wモデルさんの1/144 航空研究所長距離機・通称”航研機"を作りました。

1938年、日本の国産機として航続飛行距離11,651kmの世界記録を樹立した航研機。

先の「研三」企画展で、東京帝国大学航空研究所に関する展示物として、
航研機の主翼リブ(実物)と周回航続距離世界記録証書が展示されたのですが、

航研機の写真があんまりパッとしなくて、どういった形の飛行機なのか、
飛行機ファンなら知っていても、一般の方々にはイメージ湧きにくいのではないかしらん?
こういうときには、立体モノ・・・模型を一緒に展示できるといいよね、と思ったのです。

P200229_koukenki
【「研三」企画展での航研機関連の展示・主翼リブと記録証書(右端)】

「研三」企画展は終わってしまいましたが、また航研機の主翼リブや世界記録証書は展示されることもあるよね、
というわけで、模型を用意しておこう!と思い立った次第。

A&Wモデルの航研機は1/144スケールと小さい(全幅19cm)のですが、現状で入手可能な航研機の模型は、これしかなかったッス。
まあ、記録証書の展示ケースの中に入れられる大きさだってことで、OKでしょう (^o^;;

P200503_1
【A&Wモデル 1/144 航研機。レジンキットです。】
 
P200505_1
【レジンプライマーを吹いた後、赤色部分の塗装のためマスキング】
 
P200506_1
【塗装を終えて、あとは主脚を取り付けて計測マークのデカルを貼ったら完成】
 

P200506_2
【完成で~す。 手乗り航研機、小っちゃ!】
 
製作日数3日間で完成しました。
久しぶりに模型を作りましたが、50歳目前で老眼が進んで、細かい部分の作業がかなりしんどかった・・・年とったなぁ。 (T_T)

ところで、機体にある計測マーク(白黒帯)ですが、
「研三」機は、胴体のは右側だけに描かれ、左側には無かったことが、発見された記録映像で判ったのですが、
航研機も記録飛行の時には計測マークは胴体左側には無かったそうです。
理由はよく分からないですが、そういうもんなのかな??

ちなみに、なぜ航研機の塗装色が赤色だったのかというと、
当初、長距離記録飛行を広大な中国大陸(満州)で実施する計画だったため、万一、不時着した場合に発見しやすくするためなのだそうです。

結局のところ、記録飛行のコースは関東平野(木更津-銚子-太田-平塚-木更津)の周回コース(1周401.759km)で実施され、
1938年5月13日~5月15日の飛行でこのコースを29周し、長距離飛行の世界記録を樹立したのでした。

 

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

ボランティア活動休止期間の延長

岐阜県で発令された新型コロナウィルス感染症非常事態宣言を受けて、
博物館の休館期間が5月7日(木)まで延長されました。

P200411_1

・・・これでゴールデンウィーク期間も活動自粛ですね。
5月度のボランティア月例会の開催も怪しくなってきました。

仕方ないですが、この機会に溜まった資料の整理や模型の製作などを進めるとしますか!

 

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

臨時休館のためボランティア活動も休止

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は、
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月4日(土)から4月19日(日)まで完全休館になりました。

P200404_1

昨年12月以降、行っていなかった屋外展示機維持活動を今月から再開しようと思っていた矢先でしたが、
この状況ではボランティアの皆さんに集まってもらうわけにもいかず、

とりあえず今日は、私一人で屋外展示機の状態を1機づつ確認。

P200404_2
P200404_3
P200404_4
P200404_5

いづれの展示機も、緊急の対処を要するまでの状態ではないことが確認できましたので、
博物館ボランティア活動も集団活動は当面の間は休止にすることにしました。

新年度のボランティア総会/4月度月例会も中止、延期です。

5月には再開できるとよいのですが・・・(溜息)

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

「研三」実大模型の撤収&リニューアル2周年記念企画展

今週3月16日(月)で一応の終了となった、企画展「スピードを追い求めた幻の翼 研三-KENSAN-」で展示していました、
「研三」中間機の胴体実大模型を博物館本館から、本館建屋裏手の塗装庫への移動を行いました。

「研三」展は、お陰様で大変好評で、一部のパネル展示や記録映像の上映を館内北側2階の空中回廊に移して、5月6日(水)まで延長されることになりましたが、
我々ボランティアが作った実大模型は、2回空中回廊部分には展示できる場所がないということで、撤収というわけです。 (T_T)

P200321_9
【館内北側2階空中回廊に移された「研三」企画展会場】

実大模型自体は16日(月)の企画展終了後、速やかに企画展会場からオリエンテーション・ルームの方へ移動されていました。
今日はオリエンテーション・ルームから、実大模型の製作場所であった塗装庫へ移動という具合です。

P200321_1
【オリエンテーション・ルームに仮置きの「研三」実大模型】

今日は本来ならボランティア月例会が予定されていましたが、月例会は中止になりましたので、ボランティアさんらはこの作業のために集まってくれたのでした。
感謝!!

P200321_2
【オリエンテーション・ルームから外に出される「研三」実大模型】

P200321_3
【屋外を搬送中の「研三」実大模型・その1】

P200321_4
【屋外を搬送中の「研三」実大模型・その2】

P200321_5
【塗装庫へ搬入します。】

P200321_6
【塗装庫内の様子。うーん、狭い、ぎりぎりです。】

P200321_7
【「研三」実大模型、無事に格納完了です。】

ご支援いただいたボランティアの皆さん、ありがとうございました。

・・・さて、この「研三」実大模型、この後どうしましょうかねえ?
企画展が終わっちゃうと、ぶっちゃけ、邪魔ですね~ (^_^;

後々の処分のしやすさや、車に踏みつぶされて破壊されるところまで再現・体験しようかとも思ってダンボールで作ったのですけれど、
(FRPとかで作っちゃうと、処分するのも大変でしょ)

P200322_1
【一時期、実大模型でコレをやろうかと本気で考えていました。】

3年後の2023年の「研三」日本最高速度を記録80周年を目標に、尾部や主翼も作って機体全体を作り上げてみるかね!!?

・・・実は、自宅には垂直尾翼を作って置いてあるのですが、尾部の製作が展示に間に合わなかったんだよね。

~~~~~
館内の企画展エリアでは、「研三」展と入れ替えでリニューアル2周年記念企画展「宇宙開発のはじまり」が始まりました。

P200321_8
【「宇宙開発のはじまり」企画展会場】


| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

新型コロナウイルスの影響・3月のボランティア活動は自粛

新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、
今週末21日(土)に予定していたボランティア月例会は中止になりました。

博物館は閉館にはならないものの、今月下旬から予定されていたリニューアル2周年イベントは、特別企画展「宇宙の開発のはじまり」の展示を除いて、記念講演会・各種ワークショップなどは全て中止になってしまいました。

新型コロナウイルスの影響によるイベント・シミュレータなどの中止について

STOL実験機「飛鳥」の3年半ぶりとなる特別機内公開のボランティア支援が計画され、準備も進められていたのですが、しばらくお預けです。


P200315_1
【STOL実験機「飛鳥」の機内特別公開は中止になりました】

ボランティアによる館内ガイドツアーやT-3練習機体験搭乗も、3月一杯は中止です・・・。

一方で、明日3月16日で閉会となる予定だった
企画展「スピードを追い求めた幻の翼 研三-KENSAN-」は大変好評で、
会場を館内北側2階の空中回廊へ移して、一部のパネル展示や記録映像の上映が5月6日(水)まで延長されることになりました!

P200315_2

昨日は、「研三」機の主任設計者・山本峰雄さんのお孫さん家族が来館されました。

・・・でも、私らが作った「研三」胴体実大模型は展示スペースが無いので、明日で撤収です。
しくしく・・・

 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

塗装庫内の片付けなど

新型コロナウィルスの影響で、どこの施設も臨時休館という状態でありますが、
岐阜かかみがはら航空宇宙博物館は、今のところ休まず営業です。

・・・でも、来館者は凄く少なくて、こんなこと今まで無かったよな~状態です。

ボランティアも、極力来館者との接触は避けましょうということで、展示場での解説などの活動は休止状態。

本日予定されていた、3月度ボランティア月例会も再来週21日に延期です。

・・・とはいえ、やらなきゃならないことは色々あるもので、
この期間に「研三」実大模型の製作場所になっていた博物館裏の塗装庫内の片付けをやってしまおう!
ダンボールや発泡スチロールの切れ端やら塗料の空き缶やら放置状態じゃマズイよね (^_^;

ということで、今日は塗装庫内の片付けを行いました。

~~~~~

「研三」実大模型のことを、各務原市ウェブマガジンでざっくり紹介してもらえました。

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/webmagagine/6874/6876/033773.html

私のほうでも、結構気合を入れて臨んだ実大模型製作だったので、経緯や製作過程などを纏めようと思っているのですが、
最近気力が続かんね (^_^;


P200208_ken3

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

新型コロナウイルスの影響・「研三」の小話

博物館から、新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、
2月28日(金)から3月15日(日)まで、来館者との濃厚接触の可能性がある各種ガイド、教室、シミュレータなどの開催・運営は中止するとの方針が示されました。

新型コロナウイルスの影響によるシミュレータ・イベントなどの中止について

博物館は閉鎖にはならないものの、
これを受けてボランティアも展示場での解説・質問の対応、ガイドツアーの活動については当面の間、控えることになりました。
3月から再開予定だった、ボランティアによる屋外展示機維持活動についても、原則中止にしたいと思います。

また、3月7日(土)に予定していたボランティア・グループ3月度月例会は、3月21日(土)に延期になります。
空宙博ボランティアの皆さんはご注意ください。

開催中の企画展「スピードを追い求めた幻の翼 研三-KENSAN-」は、とりあえず3月16日(月)までは開催されますが、期間中の土曜日午後に催されていたギャラリートークは中止になってしまいました。
来週3月7日は私が担当する予定で準備中だったのですが・・・
「あゝ片岡飛行士の歌」をうまく歌えるよう練習したのにぃ~(T_T)

この状況では、やむを得ないですね。

~~~~~

「研三」展ギャラリートークのときに披露しようと思っていたネタ(小話)ですが、

企画展会場で上映中の「研三」記録映像に写っている、川崎航空機の「研三」整備スタッフであった西門啓さんが、
戦後、「研三」のことを次のように語っていたと、西門さんと一緒に働いていた方から教えていただきました。
(映像中、「研三」から降りてきた片岡パイロットと話をしているのが西門さん)

『「研三」は、どこから漏れるのか、水びたしの機体で、
 まるで水の中から引き揚げてきたようだった。
 エンジンはすぐにオーバーヒートしてしまうので、
 (地上では)ホースで水をかけながら運転をしていた。』

・・・やっぱり、冷却器の冷却能力不足で冷えなかったんですね。

しかし「水びたしの機体」とは (^_^;

「研三」の特徴である表面冷却器や、胴体側面のラジエーター装備の仕方に問題があったのですね。
胴体側面のラジエーターのインテイクは見た目カッコイイ!のですが、
これは液冷エンジン機の冷却器配置として褒められたものではないと、2月16日の鳥養鶴雄さんの講演会でも触れられていました。

P200207_ken3cooler
【「研三」中間機(実大模型)の胴体側面ラジエーター部分】

「飛燕」も、エンジン地上運転が長引いたりすると冷却水温がグングン上がっちゃうので、
胴体の下の冷却器めがけてホースでジャージャー水をかけながらエンジン運転したという話を
戦時中に学徒動員で整備の手伝いをされていたという方から伺ったことがあります。

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

「研三」展・会場対応(2/23)

今日は、お家で掃除や洗濯など家事をしようと思っていたのですが、
起きたら雨降ってるし、風も強いし、ということで
急遽、博物館ボランティア活動に変更だ!

・・・というわけで、ほぼ一日、「研三」展の会場で来館者の質問対応をしておりました。

企画展会場で受けた来館者の方々からの質問で、記憶曖昧等でキチンとお答えできなかったことをフォローしますと、

Q:「研三」中間機の燃料タンクの容量は?

A:胴体(操縦席の前方)に 250リットル です。
  純粋な速度研究機であり、そんなに航続距離は必要ないので燃料搭載量は少ないですね。

P200223_1

Q: 「研三」中間機に使った燃料(ガソリン)は何オクタン?

A:エンジンの地上性能試験の記録からは、92オクタンと100オクタンの燃料が使われています。

 

Q:「研三」の色って、灰色でいいの?

この質問は、ほんとに多い(^_^;
研三機の塗装色については、市販のプラモデルにはオレンジ色のものがあったりするので、気にしている人が多いみたいです・・・。

A:機体塗装に関する記録は、国立科学博物館の所蔵資料の調査でも発見できなかったのですが、今回の企画展にあたっては、当時の関係者の証言から「灰色」にしました。

 といっても灰色の色調も本当のところは判らないので、実大模型では只の「灰色」で塗装しました。
 (ツッコまれたところで、わらかんものはわからんのだ)

 個人的には、当時の川崎航空機の工場での製造機に使っていたであろう(「研三」の作業を行った試作工場での在庫も多くあったであろう)
 灰緑色か?とも思うのですが、根拠はありません。あしからず。
 記録映像では、かなり明るい色に写っているシーンもあるのですが、これは試験飛行を行ったのが夕方であり、夕日の強い光をあびているというのも考慮しないといけないと思います。

 ちなみに「研三」中間機に全体塗装が施されたのは、最高速度記録を出した第31回試験飛行のときだけ。
 それまではジュラルミン地肌の無塗装なのです(日の丸や機首上面の防眩塗装はされています)。
 終戦後に進駐軍が撮影した、川崎航空機の試作整備格納庫内に放置されている「研三」の写真があるのですが、これを見ると塗装は落とされているようにみえます。

 「研三」の最終飛行となった第32回試験飛行では、塗装の影響の調査が行われているので、このときに塗装は剥いじゃったのかも。

| | コメント (0)

«「研三」展・ギャラリートーク対応(2/22)