トップページ | 2003年3月 »

2003年2月23日 (日)

「ニッポン」号の模型

今日は午後に1時間だけ活動。
昨日のKAT-1復元作業の残作業をこなしてから展示場の見回り。

ウェルカムハウスにある「ニッポン」号の模型の左プロペラのブレードが1枚外れてしまっているのを発見。
付け直しておきましたが、こういうことがしばしば起る。
不用意に展示物に触られた上に壊されちゃうというのは困りものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年2月22日 (土)

KAT-1・1号機復元作業(3)

復元チーム集合し、以下の作業を実施。

1) 水平尾翼・昇降舵の取り付け。
2) 尾翼周りのフェアリングの取り付け。
  取付ネジの紛失多数。
3) 前席計器板の取り付け。
  計器は一応全部揃っているものの、非オリジナルが多いと思われる。
  エンジンの回転計等はヘリ用が付いていたりしたが、とりあえずそのままとした。
4) エンジンカウリングの凹み修正。
5) 外れていた左主脚ダウンロックのスプリング復旧。
  これで3つの脚とも下げ位置で固定されました。

3月中旬には翼胴結合が実施できそうです。

P030222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年2月15日 (土)

KAT-1・1号機復元作業(2)

今日は工房内でKAT-1・1号機の前面風防枠の取り外し(というか、割れ残っている
旧風防ガラスの残骸を取り除く)作業を行いました。

P030215
前面風防は全部で47本のネジで固定されていますが、数本紛失している状態でした。

ネジが錆びて固着してしまっていることもあって、今日のところは全部外すことはできず、4本残してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年2月 9日 (日)

P-2Jの維持活動 他

P-2Jの機内換気を実施しました。
副操縦士側の上部ハッチは、日よけの劣化が進んでおり、不用意に触るとヤバそうだったので、開けるのはやめました。
補助エンジンのカバー、機体後部見張り員窓、操縦士上部ハッチを開放しました。


その他、館側からの依頼で、博物館公式ホームページの今年のイベントスケジュールページの作成支援を実施。

ちなみにボランティアによる公式ホームページの作成支援範囲については、イベント情報のページのみということにしており、その他、展示関連のページ等についての作成支援はしていません。
(もっとも、htmlをいじれる現役ボランティアは現在私だけなのですが)

これは、公式ホームページの内容は博物館(と運営している各務原市)が責任を負うものであるし、作成およびメンテナンスについても、本来、職員が責任をもって行うべき業務であるからです。

なんでもかんでもボランティア任せにされてしまうというのは問題ですし、頼りにされすぎるのは、こちらとしても困りますからね。


・・・しかし~、またやるのォ? アニメ上映会(^^;
別に博物館でやらないでも(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年2月 8日 (土)

KAT-1・1号機復元作業(1)

今日は復元作業開始にあたっての簡単なミーティングの後、
前脚の点検と脚柱の下げ位置への固定作業を行いました。

P030208
機体側の脚取付け用のフィッティングが予想外に腐食していて愕然としましたが、強度的には問題なさそうなので、腐食部分のみ取り除くに留めました。

ちなみにKAT-1・1号機復元方針ですが、
3月末に屋内展示場へ展示という館側方針のため、大規模な修復作業はせずに、とりあえず翼等分解されている部品の取り付けのみを実施し、艤装や舵面の復元は、展示場に出してから行うということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2003年3月 »