« KA370 復元作業(36) | トップページ | AS332型ヘリコプターのコックピットなど »

2004年6月 6日 (日)

KA370 展示場へ移動

修復工房で復元作業が行われていたKA370ヘリを展示場へ移動しました。

P040606

機体右側の「TRDI」文字がペイントされ、工房内では取り付けられずに残っていた2枚のメインローターブレードも取り付けられました。

復元作業開始から13ヶ月、KA370こと複合材ローター実験機は、通常形態のOH-6Jから、10年前の実験当時の姿に復元されて展示場に戻りました。

ちなみに機体は展示場へ移動しましたが復元作業はまだ完了したわけではなく、一部の計測機器の取付作業等が残っています。

|

« KA370 復元作業(36) | トップページ | AS332型ヘリコプターのコックピットなど »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KA370 展示場へ移動:

« KA370 復元作業(36) | トップページ | AS332型ヘリコプターのコックピットなど »