« US-1A機内特別見学の支援(二日目) | トップページ | 新聞の取材を受けました »

2006年5月27日 (土)

ボランティア月例会

博物館ボランティア・グループの月例会が行われました。

# これまで(というか昨年1年間)のボランティア組織は博物館「友の会」という名称でしたが、これは資金的支援団体だと間違えやすい名称で混乱するとの意見が多かったため、只の「博物館ボランティア・グループ」という名称に変えようという動きになっています。

年度がかわって初めての月例会であり、また、各務原市が推進する「各務野ボランティア塾」の一環として博物館ボランティアが含まれることになったということもあり、その「博物館ボランティア研修会」も同時に行われました。

P060527

今回の「博物館ボランティア研修会」の内容:

・博物館館長から、かかみがはら航空宇宙博物館とボランティアについての説明
・展示の解説(私がこれまでやってきた「月イチ展示機解説」と同等)

展示解説は 「各務原飛行場ゆかりの飛行機たち」をテーマに、博物館ウェルカム・ハウスに展示されている飛行機(乙式一型偵察機、甲式四型戦闘機、「桜号」、92式重爆、「神風号」、「ニッポン号」について、30分程説明をしました。
(聴講していただいた皆様、つたない説明でスミマセンでした(^_^; )

|

« US-1A機内特別見学の支援(二日目) | トップページ | 新聞の取材を受けました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア月例会:

« US-1A機内特別見学の支援(二日目) | トップページ | 新聞の取材を受けました »