« T-3初等練習機の搬入作業 | トップページ | US-1A再塗装作業状況報告 »

2008年8月 2日 (土)

2008年8月度 ボランティア・グループ月例会 他

1.博物館ボランティア・グループ8月度月例会

博物館ボランティア・グループの8月度月例会が行われました。

P080802_1

今月の議題は・・・

・7月20日、21日の収蔵庫展示公開(KM-2練習機とT-1 #801号機など)の支援活動報告
・7月26日のT-3搬入作業の報告

・・・など。

今月の展示機説明は「ハンス・グラーデ単葉機」を取り上げました。

Grade

STOL実験機「飛鳥」の上に吊り下げ展示されている本機は、
明治43年12月14日、日本で初めての動力飛行に成功した飛行機です。

# 公式記録では、12月19日のアンリ・ファルマン機の飛行が日本初とされているのですが、
# その5日前の滑走試験で、グラーデ機が勢い余って飛んで(ジャンプして)しまったので、
# これを「日本初」とする考え方もあるのです。

実機は明治44年に事故で失われてしまったため、展示の機体はレプリカですが、
1995年に古典機研究家の早川博康氏・光田春男氏他8名のボランティアグループ
「グラーデ復元の会」によって、忠実に復元されたものです。

次回のボランティア月例会は、9月6日(土) 10:00~の予定です。 

2.屋外展示機US-1Aの再塗装作業開始される

※ ボランティアによる作業ではありません。

待ちに待ったUS-1A救難飛行艇の再塗装作業が始まりました。

Us1a080710
【こちらの写真は再塗装前の退色が進んだUS-1A。 2008年7月12日撮影】

P080802_2
【機体周囲に作業足場が組まれました。 塗装作業の着手はまだです】

P080802_3
【機体全体が塗料飛散防止ネットで すっぽり覆われてしまいました】

再塗装が完了するのは、9月末頃になりそうとのことです。 

|

« T-3初等練習機の搬入作業 | トップページ | US-1A再塗装作業状況報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年8月度 ボランティア・グループ月例会 他:

« T-3初等練習機の搬入作業 | トップページ | US-1A再塗装作業状況報告 »