« 展示機維持活動 | トップページ | ハ40エンジン・シリンダ・ブロックの清掃作業 »

2009年1月10日 (土)

2009年1月度 ボランティア・グループ月例会

博物館ボランティア・グループの1月度月例会が行われました。

P090110_1

今月の議題は・・・

・新年の挨拶
・来年度のボランティア活動展望 
・展示機の状況報告

・・・など。

今月の展示機説明は「サルムソン2A2・乙式一型偵察機」

P090110_2

2006年5月のボランティア月例会から始めて今回で23回目となった展示機紹介ですが、

博物館に入って一番最初に展示されているサルムソン2A2・乙式一型偵察機は
これまで取り上げていませんでした(^_^;

# いや、私ごときがサルムソン機を語るなど、恐れ多いことかと思っていたので・・・

さて、サルムソン2A2・乙式一型偵察機ですが、フランス・サルムソン社の傑作機2A2型を
1922年(大正11年)にライセンス国産化した、
各務原の航空機産業の始まりを告げる機体であるとともに、日本の航空機産業の
草分けともなった、記念すべき飛行機です。

ウェルカム・ハウスの展示機は、現存する資料をもとに作られたレプリカですが、
館内にはこれとは別に、大変貴重なオリジナルの現存胴体部分も展示されているのは
ご存知のとおり。

P090110_3

ちなみに、「乙式」というのは
旧日本陸軍においては大正10年12月に飛行機の名称の統一が行われ、
輸入機あるいはライセンス生産機については設計会社ごとに甲、乙、丙、丁、等で
類別されていました。

甲式・・・ニューポール社の設計した機体
乙式・・・サルムソン社の設計した機体
丙式・・・スパッド社の設計した機体
丁式・・・ファルマン社の設計した機体
戌式・・・コードロン社の設計した機体
己式・・・アンリオ社の設計した機体

例えば、ニューポール29C1戦闘機であれば、「甲式四型戦闘機」
といった具合です。

~~~~~~~

今年からボランティア月例会は、隔月開催になります。(もう「月」例会じゃないな・・・)

次回は3月7日(土) 10:00~の予定です。 

なお、ボランティア例会は隔月になりますが、展示機維持ボランティア・チームの定例活動日は
これまで通り、毎月第一土曜日としますので、よろしくお願いします。

|

« 展示機維持活動 | トップページ | ハ40エンジン・シリンダ・ブロックの清掃作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年1月度 ボランティア・グループ月例会:

« 展示機維持活動 | トップページ | ハ40エンジン・シリンダ・ブロックの清掃作業 »