« 展示機維持活動・YS-11の点検等 | トップページ | 展示機維持活動&展示説明 »

2009年3月21日 (土)

FA-200改のフラップ

昨日の強風で? US-1Aの#3エンジンのインテーク・カバーが
また外れてしまっていました。

P090321_1

即、嵌め直しましたが、カバーの修理を含めて根本的な脱落防止方法を
考える必要ありですね。

博物館側に提案していた、館内実機展示場のFA-200改・短距離離着陸実験機の
最大の特徴である、
吸い込み式BLC(境界層制御)フラップを下げた状態で展示したい」ですが、
館側の了解がもらえたので、
さっそくフラップ&フラッペロン(補助翼にフラップの機能をもたせたもの)下げました。

P090321_2
【FA-200改 短距離離着陸実験機。 フラップとフラッペロンを下げました】

P090321_3_4   
【FA-200改の境界層吸込み式の フラッペロン と フラップ】
フラッペロンとフラップの前縁部に約5万個の小孔を開け、その孔から翼表面の
乱れた境界層を吸い込むことで失速を遅らせ、短距離離着陸を実現したのです。

P090321_4
【FA-200改のフラップ前縁部のアップ。 小さな孔が沢山あいています】 

|

« 展示機維持活動・YS-11の点検等 | トップページ | 展示機維持活動&展示説明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FA-200改のフラップ:

« 展示機維持活動・YS-11の点検等 | トップページ | 展示機維持活動&展示説明 »