« 展示機維持活動・US-1AとP-2Jの点検等 | トップページ | FA-200改のフラップ »

2009年3月14日 (土)

展示機維持活動・YS-11の点検等

雨上がりに屋外展示機の見回りをしていたら、
アレ? YS-11の昇降舵が下がっているのに気がつきました。

P090314_1
【水平尾翼の昇降舵が下がっています】

誰か操縦席に入ってガスト・ロック(駐機時に舵を固定する機構)を解除したのかな?
でも、普段は操縦席には入れないようになっているし。

・・・そういえば、先月に某テレビ局がドラマ・ロケでYS-11を使ったとか聞いたな~。

このままでは昇降舵が風にあおられたときにバタついてしまい、具合が悪いです。

今日は天気が悪かったのでYS-11は機内公開していなかったのですが、
急遽、機内に入ってガスト・ロックを確認することにしました。

操縦席のガスト・ロック・レバーを確認したところ、案の定、解除されていました。

P090314_2
【写真中央の赤いレバーがガスト・ロック・レバー。倒れている状態が解除位置です】

まったく、テレビ局もYS-11をロケに使うのはかまいませんが、ちゃんと元に戻して
おいてもらいたいもんです! プンプン!

P090314_3
【昇降舵を元のロック位置に戻しました】

その他、館内のN-62のタイヤの空気補充を実施しました。

P090314_4

|

« 展示機維持活動・US-1AとP-2Jの点検等 | トップページ | FA-200改のフラップ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示機維持活動・YS-11の点検等:

« 展示機維持活動・US-1AとP-2Jの点検等 | トップページ | FA-200改のフラップ »