« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月22日 (土)

展示機維持活動・YS-11の清掃

今日は屋外展示機YS-11の機内清掃を行いました。

P100522_1

YS-11はしばらく掃除していなかったので、砂利やら砂埃で結構汚くなっていました。

P100522_2

11時頃から機内に掃除機を持ち込んで清掃を行いましたが、段々と気温が
上がってきたので、暑くてモウヤメ~ (^_^;
今日のところはお昼で終了、また来週に再度行うことにしました。

その他、屋内展示機T-2 B.I.機の前脚のストラット(ショックアブソーバー:緩衝装置)が
へたってきて機首が下がり気味になってきたのを気にかけたボランティアのノリタさんが、
木製スペーサーを製作してくれたので、取り付けを実施しました。

P100522_3
【T-2前脚ストラットへのスペーサの取り付け (左写真:取付前 右写真:取付後)】 

ストラットには窒素ガスが封入されているのですが、これが徐々に抜けてくるので
縮んでしまうという具合。
窒素ガスを補充してやればいいのですが、圧が高いので博物館でやるのは難しい。

4人がかりでT-2の機首を下から「ヨッコラセ!」と持ち上げて一旦ストラットを伸ばし、
木製スペーサを嵌めました。

P100522_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

展示機維持活動・YS-11の点検

KV-107IIヘリの活動が一段落した感じなので、今月はYS-11に取り組むぞ!っと。

・・・いうわけで、今日は左エンジンのカバー開放点検。
鳥の巣は作られてなかったものの、エンジン補機に腐食が・・・。
さすがに屋外展示14年も経つと状態維持には厳しいものがあります。

さて、どうしたものか・・・。

P100515_1

エンジンのインテーク・カバーも、各務原ではオリジナル品を使ってきましたが、
かなりくたびれてきているので、ボランティアのイズミさんが代替案の網を試行中。

こういうのは密閉してしまうと内部に水が溜まってしまい、中から腐るので具合が悪い。
小鳥や蜂などの虫が侵入しないらないようにできればよいのですが、これが結構難しい。
格好の悪いカバーになってはイヤだし、いろいろ試行錯誤中です。

P100515_2

他の展示機にかまっている間に、客室内の痛み・汚れが結構進んでいました。
座席足元のカーペットも擦り切れてきちゃっていて、これも何とかしてあげたい。

P100515_3

とりあえず、来週は天気が良かったら客室内の清掃作業をやろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

2010年5月度 ボランティア・グループ月例会 と T-3説明会 等

1.博物館ボランティア・グループ5月度月例会

博物館ボランティア・グループの5月度月例会が行われました。

P100508_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・ゴールデンウィーク期間中の来館者数
 ・KV-107IIヘリコプターへの不審者侵入事件について。
  犯人は逮捕されましたが、事件以降、警察の定期巡視をしてもらっている
  とのことです。

2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  KV-107IIヘリコプターの清掃、YS-11の状況等について報告。

3) ディスカッション
 ・US-1A機内公開の反省会
  機内見学前の事前説明(見学時の注意事項のお願い)が効果あるのか、
  最近は見学者のマナーもよく、大きな混乱は起きていない。
 ・Q: T-33A改の機首上面に付いている赤い糸は何?
  A: ヨー・ストリンガーといい、機体の横滑りを可視化する目的で付いている。
    同じ練習機でも、T-1には付いていません。 
   (T-33Aは着陸時に機体が横滑りをするクセがあるから、とのこと)

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、6月5日(土) 10:00~の予定です。

2.T-3初等練習機説明会

「新年度の新任職員やボランティア向けにT-3の説明をしてほしい」ということで
T-3の整備経験者・Tさんをお招きして機体の説明会が催されました。

P100508_2

T-3の機体構造や仕組みはもちろん、体験搭乗をさせる際の注意事項なども
説明していただき、大変好評でした。

3.KV-107IIヘリコプター後部ドアの閉め作業

不審者進入事件のため中止されていたKV-107IIヘリコプターの機内公開ですが、
ゴールデンウィーク期間中限定ということで再公開していました。

公開終了後、防犯のため、ランプ扉を閉めるのですが、後部ランプ扉の閉め作業は
こうやって4~5人がかりでヨッコラセ!と手で持ち上げて閉めます。

P100508_3
【KV107IIヘリ後部ランプ扉の手動閉め作業(ボランティア坂本さん撮影)】

本来であれば、ランプ扉は電動モーターで開閉するのですが、博物館展示機では
既にモーターが動かなくなってしまっているので、人力でやるという具合。
ちなみにこのやり方(4~5人がかりで手で扉を持ち上げる)は、モーター故障時の
正規の手順でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

US-1A機内特別見学・春の部

毎年恒例となりました屋外展示機US-1A救難飛行艇の機内特別見学が
博物館ボランティアの皆さんの支援の下、行われました。

P100504_1

今日はとてもお天気がよく、気温がグングン上昇。 機内は蒸し暑かったです (^_^;
扇風機が欲しかったなー。
支援いただいたボランティアの皆さん、お疲れ様でした。

館内ではUS-1Aのメーカー・新明和工業さん提供の新型飛行艇・US-2のデモビデオの
上映も行われました。

P100504_2

次回のUS-1A機内特別見学は秋に実施の予定? です。(日時未定)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

  週末5/8(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

  ご参集よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »