« YURI-I人力ヘリ修復に伴う支援作業 | トップページ | 2010年7月度 ボランティア・グループ月例会 »

2010年6月26日 (土)

館内展示機説明など

今日は生憎の雨模様でしたので、屋外展示機の点検清掃は見送り、
館内展示の点検や展示の説明などを行いました。

下の写真はウェルカム・ハウスの土井コーナーに展示されている
92式戦闘機のプロペラです。
(今日撮った写真ではなく4年前くらいに撮影したものですが、今も展示してます)

Type92_prop

92式戦闘機は昭和初期に川崎造船所飛行機部(現在の川崎重工)が製造/量産した
旧日本陸軍の複葉戦闘機ですが、これがそのプロペラ。

シュワルツ式被包プロペラ(通称マンテル・プロペラ)といって、川崎造船所が
ドイツのシュワルツ社から製造権を取得してして作ったプロペラです。
樅の木で作ったプロペラ・ブレードの表面を厚さ1mm程度の薄いセルロイドで
被包して表面を硬化させ、強度アップを図ったもの。

それまでの木製むき出しのプロペラに比べて、マンテル・プロペラはセルロイドの
被包によって、砂礫が当たっても削れて減るようなことがなく、機関銃弾が当たっても
孔が空くだけで亀裂もできないということで評判が良かったといいます。

なんでこのマンテル・プロペラが土井コーナーにあるのか?というと、
ドイツでこのプロペラの作り方を習ってきたのが、若き日の土井武夫さんだから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

  来週7/3(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

  ご参集よろしくお願いします。

|

« YURI-I人力ヘリ修復に伴う支援作業 | トップページ | 2010年7月度 ボランティア・グループ月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 館内展示機説明など:

« YURI-I人力ヘリ修復に伴う支援作業 | トップページ | 2010年7月度 ボランティア・グループ月例会 »