« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月26日 (日)

ボランティア活動納め

博物館は今日で仕事納め、明日27日から年始は1月2日まで閉館ということで
博物館ボランティアも活動納めです。

ボランティアの皆さん、一年ご苦労様でした。 また来年も頑張りましょう!

さて、来年2011年は各務原ゆかりの三式戦闘機「飛燕」の初飛行して70周年と
いうことなので、

この機会に、のびのびになっていた搭載エンジンのハ40のシリンダ・ブロックの
公開展示を実現するべく、具体的な展示提案書を作ることにしました。
(思い起こせば、清掃作業以降1年以上ほったらかしだ・・・(^^;; )

というわけで、早速展示ケースの寸法調査だ!

P101226_1

ウェルカム・ハウスの展示ケースの中を整理して対応するつもりです。

ピストンやローラーベアリングなどの部品と一緒に展示するべきなので、
ケースの左端の方に置くべきかなぁ。
長さが110cmもあるシリンダ・ブロック、うまく収まるでしょうか??

P090117_2
 【ハ40エンジンのシリンダ・ブロック。 大きいので展示方法に難儀だ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

続・YS-11操縦席の仕切り扉の製作

先週に引き続き、屋外展示機YS-11の操縦席出入口に取り付ける
透明アクリル板製の扉の製作・取付作業を行いました。

透明アクリル板に補強のアルミ製アングル材を取り付けた仕切り扉を製作。

展示機への取り付けにあたっては、オリジナルの扉はそのままにして、
極力オリジナルを損なわないよう、既存の扉の蝶番部を利用して
新製の透明アクリル板製仕切り扉を取り付けるようにしました。

P101218_1_3
 【ボランティアの皆さんで製作した透明アクリル板製の扉を取付中です】
                         (ボランティア坂本さん撮影)

 P101218_1
           【取り付け完了です。】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

YS-11操縦席の仕切り扉の製作

屋外展示機YS-11の操縦席出入口に張ってある網が古くなってきたので、
新たに透明アクリル板製の扉を作って取り付けることになり、
その扉の製作をボランティアで行っています。

  P101211_1
      【YS-11の操縦席出入口に張ってある網】

P101211_2
      【網に代わる、透明アクリル板の扉を製作中です】

来週には完成・取り付けを行いたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

2010年12月度 ボランティア・グループ月例会 他

1.博物館ボランティア・グループ12月度月例会

博物館ボランティア・グループの12月度月例会が行われました。

P101204_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 館長から
 ・今年一年を振り返って。
 ・来年は博物館の開館15周年記念イベントを企画中。
 ・ボランティア体験講座を来年3月に開講予定。
  
2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  屋外展示機YS-11の状況報告(塗装劣化、胴体下面外板の腐食等)など。

3) ディスカッション
 ・ボランティアグループ用ジャンパーの新規製作について
 ・駐車場の車止めの錆がひどい、屋外ベンチの経年劣化・補修に協力を。
 ・屋外展示機の清掃用具
  ・・・現在はボランティアが各自持ち寄っている。 館側で用意してもらいたし。
 ・国立科学博物館「航空100周年・空と宇宙展」と
  所沢航空発祥記念館の収蔵庫公開の見学報告

4)展示機説明 「F-104Jジェット戦闘機(復習編)」
 今月の展示機説明は当博物館の展示機で唯一の戦闘機であるF-104Jの復習編。
 (前回は2006年9月でした)

 今更F-104Jという感もありますが、復習ってことで、F-104の開発の歴史と
 国産化までの流れ、日本の航空機製造技術に与えた影響のほか、

 国内展示のF-104Jの中でも屈指の保存状態を誇る各務原自慢の展示機である
 36-8515号機の経歴などについて説明しました。

 F104j_515_izumi
 【在りし日のF-104J #515号機。 IRAN明けか?尾翼の部隊マーク未記入。
            ボランティア泉さんが小牧航空祭(何年かは失念)で撮影】

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、1月8日(土) 10:00~の予定です。

2.P-2Jの操縦席見学ステップの移動

毎年恒例(?)となった博物館の冬支度、屋外展示機P-2J対潜哨戒機の
操縦席見学ステップを機首左舷側から右舷側への移動を行いました。

# 冬場にステップ床面が凍ってしまったとき、日影となる機首左舷側だと、
# 氷がなかなか融けないため。

P101204_2
【P-2Jの見学ステップを右舷側に移動。 来年春に、左舷側に戻します。】

3.T-1B、T-33A改のタイヤ回し&空気圧点検

屋内展示機T-1B #810、T-33A改のタイヤ回しと空気圧点検をおこないました。

P101204_3
         【T-33A改のタイヤ回し&空気圧点検】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »