« ハ40のシリンダ・ブロック展示準備 | トップページ | ハ40エンジン部品の展示準備(その1) »

2011年2月13日 (日)

YURI-I人力ヘリ修復に伴う支援作業

屋内展示場の吊り下げ展示機の一つ、YURI-I人力ヘリコプター の
ローターブレードに張られたフィルムが経年劣化であちこち破れてきたため、
その修復のために昨年6月19日にブレード取外し作業が行われましたが、

そのブレードのフィルム貼り作業が完了し、取付作業が行われました。

例によってYoutubeに、このYURI-Iの浮揚時の映像あるので紹介しときます。
本当に浮いたんです!

『人力ヘリコプタYURI-I 初フライト』の映像

『人力ヘリコプタYURI-I 大破』の映像

『人力ヘリコプタYURI-I 日本記録樹立』の映像

『人力ヘリコプタYURI-I アメリカに行く』の映像

『Human Powered Helicopter YURI-I 1994』の映像(英語です)

~~~

取り外し時同様、我々博物館支援ボランティア・グループは、作業を行う高所作業車の
作業エリアを確保するため、
YURI-Iの直下に展示されているKAT-1練習機、VTOL-FTB垂直離着陸実験機、
N-62軽飛行機の移動作業を行いました。

P110213_1
   【高所作業車の作業エリア確保のため、展示機を移動させます】

・・・以下はローターブレードの取付け作業の様子です。

P110213_2
【YURI-I ローターブレード取付け作業の様子(ボランティア坂本さん撮影)】

P110213_3
 【YURI-I ローターブレード取付け作業の様子
       計8枚のローターブレードが次々に取付けられていきました】

ボランティア・グループからは、苅谷さんと伊藤君の2名がブレード取付け作業を
直接支援。 大変な作業、ご苦労様でした。

朝9:00から作業開始し、14:30に終了。
KAT-1、VTOL-FTB、N-62も元の展示位置に戻しました。

YURI-Iも、8ヶ月ぶりに元の姿に戻りました。

P110213_4
 【ローターブレードが取り付けられて、元の姿に戻ったYURI-I人力ヘリ】

今日の展示機移動作業では、ゴージャッキが威力を発揮。
普通なら何度も切り替えしが必要な機体の移動作業が、効率よくスピーディに
実施できました。

P110213_5
【車輪にゴージャッキを取り付けたKAT-1。 これでカニ移動も可能 (^_^)v】

|

« ハ40のシリンダ・ブロック展示準備 | トップページ | ハ40エンジン部品の展示準備(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YURI-I人力ヘリ修復に伴う支援作業:

« ハ40のシリンダ・ブロック展示準備 | トップページ | ハ40エンジン部品の展示準備(その1) »