« 展示機維持活動・US-1Aの点検清掃 | トップページ | ハ40エンジン部品の展示作業(手直し) »

2011年4月 2日 (土)

平成23年度ボランティアグループ総会 他

1.博物館ボランティア・グループ平成23年度総会

新年度ということで博物館ボランティア・グループの総会が行われました。

P110402_1

議題は・・・

1) 博物館長より新年度の挨拶
 高井館長より新年度の挨拶と新任職員の紹介がありました。

2) 博物館からの連絡事項
 ・4/29~5/1の小惑星探査機「はやぶさ」帰還カプセル展示の内容説明と
  支援の依頼
 ・ボランティア・グループの長老・森貞治さんが、永年のボランティア活動に対し
  市から表彰されることになりました。 おめでとうございます。
 ・新たにボランティア参加することになったメンバー紹介。
  
2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  T-3操縦席の姿勢指示器の修理完了。原因は調整ダイヤルの回しすぎ。
  再発防止のため、ダイヤルにカバーを取り付けた。
  ウェルカムハウスの「神風号」模型のピトー管折損の修理完了。
 ・ボランティアが展示機や展示物を扱う上での注意事項について話をしました。

3) ディスカッション
 ・ボランティアから提案:博物館HPで入館料割引券を配布できるようにしてはどうか?
  所沢航空発祥記念館ではやっている。 → (博物館)検討します。
 ・ハ40エンジン部品の追加展示の準備状況を報告。
  本日15時より展示ケース内への搬入を実施するということで、その手順について
  説明をしました。
 ・博物館公式WebのUS-1A特別機内見学の告知に誤記あり(!) 早急に修正願います。

4)展示機説明 「特別編・小惑星探査機『はやぶさ』」
 今月の展示機説明は、ゴールデンウィーク特別展の小惑星探査機「はやぶさ」。
 ・・・といっても資料作成まではできなかったので (^_^; みんなで「はやぶさ」紹介
 ビデオをみただけでした。

次回のボランティア月例会は、5月14日(土) 10:00~の予定です。

2.US-1Aの点検

6月5日(日)に毎年恒例のUS-1A救難飛行艇機内特別公開が行われるのに
先立ち、機内の点検・機内内装の補修作業を行いました。

P110402_2
      【先週の清掃作業に引き続き、US-1Aの機内を点検】

 US-1A特別機内見学について:

 US-1A特別機内見学は、6月5日(日)の
 10:00~11:45、13:00~15:30 (15分毎に10名ずつ)に催される予定です。
 (雨天の場合は中止になります)

 なお、見学者数には制限がありますのでご注意下さい。
 (先着170名、当日9:30~ 整理券配布)

3.ハ40エンジン部品の展示作業

「飛燕」戦闘機のエンジン・ハ40の部品等の展示作業を行いました。

ボランティアで清掃作業をおこなってきたシリンダ・ブロックのほか、
燃料噴射ポンプや過給機、キ100・五式戦闘機の配電盤が遂に公開展示です!

Ha40_fuelinjectionpump
       【これがハ40エンジンの燃料噴射ポンプです】

Ha40_supercharger
     【ハ40エンジンの過給機(スーパーチャージャー)です】

Ki100_electricalpanel
【キ100・五式戦闘機の配電盤。 確認されている世界唯一のオリジナル品】
戦時中に川崎航空機・都城工場の工場次長をされていた、故・仙波正さんが
お持ちであったものです。 操縦席の右側足元のあたりに設置されていました。
この配電盤の色が、五式戦闘機の機体色なんだそうです。

これらの収蔵品を、博物内ウェルカム・ハウスの壁内展示ケースへの搬入を
ボランティア・グループの皆さんの協力のもと、行いました。

P110402_3
【既存の展示ケース内の展示物を一旦外に運び出し、ケース内を整理中。
 手前の台車上の左から配電盤、燃料噴射ポンプ、過給機、シリンダブロック】

P110402_4
     【展示ケース内にハ40関連の説明パネルを設置中です】

P110402_5
【お待たせしました! 新規展示部品の搬入完了、晴れて公開です!(^_^)v 】

|

« 展示機維持活動・US-1Aの点検清掃 | トップページ | ハ40エンジン部品の展示作業(手直し) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度ボランティアグループ総会 他:

« 展示機維持活動・US-1Aの点検清掃 | トップページ | ハ40エンジン部品の展示作業(手直し) »