« 平成23年度ボランティアグループ総会 他 | トップページ | 戦時中の航空計器の展示作業 他 »

2011年4月10日 (日)

ハ40エンジン部品の展示作業(手直し)

先週完了! ・・・したはずの「飛燕」戦闘機のエンジン・ハ40の部品等の
展示作業ですが、

カムシャフトをシリンダブロックに取り付けるために作ったダミーの軸受が
外れるというトラブルに見舞われたため、

その修正と、ちょと思うところがあって、展示ケース内の部品の再配置を
行いました。

P110403_1
【カムシャフトを取り付けるためにアクリル板で作ったダミーの軸受を
 とめていたプラスチック製ネジが強度不足で抜けてしまいました。 とほほ】

ネジを作り直して再取付実施。

また、ハ40エンジンの特徴的なローラー・ベアリングを見えやすいように手前に
配置し直しました。

P110409_1
  【連接棒-クランク軸間に使われたローラー・ベアリングを手前側に】

今度こそ展示完了です (^o^;

P110409_2
 【ウェルカム・ハウス壁内展示ケースに置かれたハ40エンジンの部品】

|

« 平成23年度ボランティアグループ総会 他 | トップページ | 戦時中の航空計器の展示作業 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハ40エンジン部品の展示作業(手直し):

« 平成23年度ボランティアグループ総会 他 | トップページ | 戦時中の航空計器の展示作業 他 »