« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月25日 (土)

展示機維持活動・P-2JとKV-107IIの点検

週末としては、久しぶりに晴れ間が覗いたので、ここぞとばかりに
屋外展示機のP-2J対潜哨戒機とKV-107IIヘリの機内点検/換気を行いました。

P110625_1
                【今日のP-2Jです。】

P-2Jは右補助エンジンの内舷側カウル表面に腐食がみられたので、腐食の除去と
タッチアップ・ペイントを実施。

P110625_2
【今日のKV-107IIです。 昨年の浮浪者事件以後、機内公開はしていません。】 

それにしても暑すぎ! P-2JにしてもKV-107IIにしても機内には5分も居れん(^_^;
熱中症で死んでしまいそうじゃ。

YS-11は客室内の気温40℃超えてたし、ちょっと屋外での活動は涼しくなるまで
自粛かなぁ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週7/2(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 恒例の展示機説明は川崎ベル式47G3B-KH4の復習編を予定しています。

 ご参集よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

宇宙ステーション模型の修理

どうもこのところ土曜日というと天気が悪くていけませんな。

今月は屋外展示のYS-11を重点的にやろうかと思っていたのですが
今日も大雨で中止です。

そんな具合だったので、今日も館内の見回り・・・

宇宙コーナーにある国際宇宙ステーションの模型が一部壊れていたので
その修理を行いました。

P110618_1
             【宇宙ステーションの模型】

この模型、展示されてから10年経ちましたが、柵から手の届く位置にあるので、
あちこち部品が取れたり曲がったりしています。

その他・・・

暑い時期用に博物館ボランティア用のオリジナルTシャツを作りました。
背中の絵柄はボランティア用ブルゾンと同じ「飛鳥」のイラストです。

P110618_2
   【博物館ボランティア・グループのオリジナルTシャツ作りました】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

「ポール・コルニュの空飛ぶ自転車」模型の修理

先週の博物館ボランティア6月度月例会で「ヘリコプターの歴史」の話をしましたが、

それに関連する展示物に、館内3Fテーマ・ハウスに展示されている
世界で初めてヘリコプターの有人飛行に成功した
「ポール・コルニュの空飛ぶ自転車」の模型があります。

博物館の入口すぐのところのウェルカム・ハウスの展示模型は結構気にして
見ているのですが、テーマ・ハウスの展示模型はあんまり・・・(^_^;

というわけで、久しぶりに具合を見に行ったら、

アレ?「ポール・コルニュの空飛ぶ自転車」模型のローター・ブレードが
変な位置になってるナ・・・って、 壊されとるやんけ!!

P110604_2
 【「ポール・コルニュの空飛ぶ自転車」模型。 これは壊される前の写真】

ローターを駆動するバンドを押さえるガイド・バー(っていうのかな?)が折れ、
張線も何本かブチ切れているではありませんか! (T_T)

P110611_1
      【壊された「ポール・コルニュの空飛ぶ自転車」模型】

どうやら、ガラス製の柵をわざわざ越えて、ローターを無理に回そうとした輩が
いたようです。

大人でも、直接手は模型まで届かないはず・・・何か棒のようなもの・・・
博物館のブローシャか何かで回そうとしたのか??

それはともかく、すぐに直さないと!

こういう模型修理はイズミさんが得意なのですが、ケガされてお休み中なので
私がやったりましょう!!

というわけで、控室に模型を持ち込んで、私の持てる技術を駆使して(?)
ちゃちゃっと修理しました。 張線もキチンと張り直しましたよ。

P110611_2
        【修理完了、もとの展示場所に戻しました。】

・・・各務原の博物館では、展示模型がよく見えるようにとガラス柵の上部が
開放されているタイプの展示になっているのですが、模型が壊されるということが
後を絶ちません。
模型に手を出す人はいないだろうなんて、性善説ではダメなんですね。

こういった模型の展示は、必ず天井部もガラス等で覆ったものを準備すべきなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

US-1A機内特別見学

毎年恒例となりました屋外展示機US-1A救難飛行艇の機内特別見学が
博物館ボランティアの皆さんの支援の下、1年ぶりに行われました。

# 昨年秋は、航空史100周年記念イベントと重なって、やらなかったのです。

P110605_1

お天気が心配されましたが、なんとか公開終了までもってくれました。

支援いただいたボランティアの皆さん、お疲れ様でした。

次回のUS-1A機内特別見学は、11月上旬に行われる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

2011年6月度 ボランティア・グループ月例会とYS-11の点検

1.博物館ボランティア・グループ6月度月例会

博物館ボランティア・グループの6月度月例会が行われました。

P110604_1 

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・US-1A機内特別見学の支援依頼と参加者調査。
 ・今年度開催の博物館15周年記念イベントについて、STOL実験機「飛鳥」に
  ちなんだイベントを企画中。 ボランティアから意見聴取。
  
2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  US-1A機内雨漏れ対応状況。 詰まっていたらしいBLCエンジン室内ドレンの配管を
  掃除したところ状況改善。 その他、T-3キャノピーの開閉が渋い?、
  政府専用機の座席修理について報告。

3) ディスカッション
 ・暑い時期用にボランティア・オリジナルTシャツを新規製作する。
 ・US-1A機内特別見学の進め方について説明。
  また、秋の公開日は11月3日にスケジュールされているが、この日は都合が
  悪いので変更を希望。

4)展示機説明 「ヘリコプターの歴史(復習編)」
 今月の展示機説明は川崎ベル式47G3B-KH4・・・の予定でしたが、その前に
 ヘリコプターの歴史全般について説明しておくべきと考え、急遽変更。

 レオナルド・ダ・ビンチのスケッチの話から始まって、ヘリコプターという名称の由来、
 ポール・コルニュによる世界初の有人飛行に成功したヘリコプター「空飛ぶ自転車」、
 日本における回転翼航空機の歴史などについて説明しました。

 P110604_2   
        【ポール・コルニュの「空飛ぶ自転車」の模型】

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、7月2日(土) 10:00~の予定です。

2.US-1A機内特別見学準備

明日のUS-1A機内特別見学の準備、機内換気&点検を行いました。

3.YS-11の点検

久々にYS-11のエンジン・カバーを開放しました。
また、胴体内に溜まった雨水の抜き取り作業を行いました。

P110604_3
         【今日のYS-11。 久々にエンジンカバーを開放点検】

今月は、YS-11を中心に活動していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »