« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

P-2Jの水洗い(の続き)

今日は晴れたぞぃ~

というわけで、2週間延期になっていた屋外展示機・P-2J対潜哨戒機の
水洗いの続きを行いました。

前回10月8日は主翼が中心で、一部手が届かないところがありましたが、
柄の長~い洗車ブラシを用意してもらえたので、
そのやり残し部分と胴体を重点的に水洗いしました。

P111029_1
  【P-2Jの右主翼。 白っぽいところが洗い残していた部分です】

P111029_2
          【水をかけながらゴシゴシこすります】

P111029_3
 【後部胴体を水洗い中。 またまたUS-1A用乗降タラップが活躍です】
             (ボランティア坂本さん撮影)

P111029_4
   【前部胴体を水洗い中です。(ボランティア坂本さん撮影)】

ボランティアの皆さんの協力で、P-2Jの主翼、胴体の水洗いは完了です。
残すは垂直尾翼ですが・・・これはさほど汚れは目立たないし、いいかな?(^_^;

P111029_5
             【P-2Jの水洗い(ほぼ)完了~】

次はUS-1Aをやりたいと思います。 11月6日(日)は、秋のUS-1A機内特別見学が
催される予定なので、その前にやらなきゃ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週11/5(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

今日は特にないのですが

先週は所用で活動はお休み、今日はP-2Jの水洗いをやろうと思っていましたが
天気が悪くて来週に延期です。

・・・てな具合で、今日は館内で工具の整理やら展示場の見回りやらしただけ。

ちょっと雨があがったので、屋外展示機の様子を見てこようと外に出てみたら
「ブォ~ン」と唸るようなプロペラ音が。

この音はっ! US-1Aのプロペラ音だが・・・ キョロキョロ・・・あっ、あそこだ。

雨雲の切れ目から特徴的な機影が姿を現しました。 おお、珍しい!

P111022_1

US-1Aは、川崎重工で行っている海上自衛隊機整備の連絡か何かで、たま~に
岐阜飛行場にも飛来しますが、土曜日のこんな時間に??
南に向かって飛んでいきました。

P111022_2

フラップ下げ気味、脚も下ろしていて、着陸態勢のようです。

明日23日開催の小牧基地航空祭に展示のために飛来したようですね。

晴れていたら、当館展示機の78号機とのツーショットが撮れたかもしれず
残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

P-2Jの水洗い

今日は天気がよかったので、ほぼ1年ぶりに博物館ボランティアの皆さんで
P-2Jの水洗いを行いました。
(去年は10月23日、岐阜基地航空祭の前日でした・・・)

一日では機体全体を洗いきれないので(作業足場や散水ホースの数に限度がある)
今日のところは主翼と胴体の一部を対象にしました。

P111008_1
     【P-2Jの右メイン・エンジン・ナセルを水洗い中です】

P-2Jの主翼をボランティアで水洗いするのは初めてでした。 
位置が高いし、普段使っている作業台では届きません。

かといって、主翼の上に上がるのは危ないので、どうしたものかと考えたところ、
US-1Aの機内見学用乗降タラップを使ったら?ということで、やってみた。

P111008_2
  【主翼の前縁と上面の水洗いはUS-1A用の乗降タラップで対応だ】

ウマイ具合にちょうどいい高さです。 これで主翼も水洗い可能になったが
今日用意した柄付きスポンジが短いものばかりで翼の中央部まで届かんわ(^_^;
まー、しょうがないか。

P111008_3
          【右主翼上面の日の丸も鮮やかに】

P111008_4
           【高圧洗浄機でタイヤも洗いました】

10時から始めて、なんとか左右主翼と右エンジン・ナセル、前部胴体右側までを
水洗いし、片づけまで終えたら16時。

ご支援いただいた皆さん、ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

2011年10月度 ボランティア・グループ月例会とUS-1A 等

1.博物館ボランティア・グループ10月度月例会

博物館ボランティア・グループの10月度月例会が行われました。

P111001_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・各務原市の広報誌に開館15周年の記事が載りました。
 ・10月10日に博物館開館15周年記念イベントである水ロケット大会開催。
  JAXA宇宙科学研究所の久保田孝教授よる「はやぶさ」をテーマした講演会も
  予定されています。(詳細は博物館公式ホームページを参照ください)
 
 ・今年の岐阜基地航空祭は11月27日開催予定。  前日及び当日の博物館側の
  対応については、現時点では決まっていないとのこと。

2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  T-3の説明ボード製作の報告。
  屋外展示機(P-2J、YS-11、KV-107II)の点検及び雨漏れ状況など。
  KV-107IIのスポンソン・タンクのクリア塗装が剥がれてきている。
  YS-11の客室床に敷いたマットがズレていることが多い。 開放の都度位置直しを
  お願いしたい。

3) ディスカッション
 ・ボランティア・グループの緊急連絡網について。
 ・秋のUS-1A機内特別見学(11月6日(日)実施予定)の支援依頼。
 ・岐阜基地航空祭に向けて、屋外展示機の水洗いを実施したい。
 ・今年度は収蔵庫公開はやらないの? → 今年度は予定なし。

4)展示機説明 「富士FA200/航技研FA200改 STOL実験機(復習編)」
 今月の展示機説明は「富士FA200/航技研FA200改 STOL実験機」の復習。
 (前回説明したのは2008年2月でした)

 Fa200kai_2

 屋内実機展示場にあるFA200・JA3263は、
 航空宇宙技術研究所の短距離離着陸(STOL)実験機として造られた機体です。

 本機は「境界層吸込み式」によるSTOL実験が行われており、そのために
 通常型のFA200から主翼が大きく改造されています。

 特徴的なのは、フラップとエルロン(フラップの機能も兼ねる”フラッペロン”
 に改修されていて、フラップと一緒に下がります)の前縁部分に設けられた、
 失速を遅らせるために乱れた境界層を吸い込む5万個もの小さな孔。

 Fa200kai_3
  【FA-200改のフラップとエルロン前縁に設けられた境界層吸い込み孔】

 本機の実験によって得られた成果が、その後の本格的STOL実験機「飛鳥」に
 生かされたのでした。

 ちなみに、かかみがはら航空宇宙科学博物館には、FA200がもう2機あって、
 3階の体験搭乗用のJA3483と、幼児用の玩具と化した機体(胴体のみ)があります。

 Fa200_ja3483
    【3階のテーマハウスにある体験搭乗用のFA-200・JA3483】

 Fa200_child
        【お子ちゃまに人気?の幼児用FA-200(の胴体)】

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、11月5日(土) 10:00~の予定です。

2.US-1Aの点検

屋外展示機US-1A救難飛行艇の機内換気と点検を行いました。
大雨つづきだったので機内への雨漏れが心配されていましたが、梅雨入り前に
ドレン配管の点検など徹底して行ってた成果?か、
床板を開けたらすご~い水溜りが・・・ということはなく、一安心。

しかしながら、機首レドーム内の雨漏れは相変わらずで、水溜りから強烈な異臭を
放っておりました。 (X_X)

P111001_2
             【久々にUS-1Aの機内を点検中】

余裕があったら、YS-11のエンジン清掃なんかもやろうと思っていたのですが、
今日はボランティア活動は午前中までというメンバーが多くて実行断念。

また日を改めてやりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »