« 展示機維持活動・屋外展示機の点検 | トップページ | P-2Jの水洗い »

2011年10月 1日 (土)

2011年10月度 ボランティア・グループ月例会とUS-1A 等

1.博物館ボランティア・グループ10月度月例会

博物館ボランティア・グループの10月度月例会が行われました。

P111001_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・各務原市の広報誌に開館15周年の記事が載りました。
 ・10月10日に博物館開館15周年記念イベントである水ロケット大会開催。
  JAXA宇宙科学研究所の久保田孝教授よる「はやぶさ」をテーマした講演会も
  予定されています。(詳細は博物館公式ホームページを参照ください)
 
 ・今年の岐阜基地航空祭は11月27日開催予定。  前日及び当日の博物館側の
  対応については、現時点では決まっていないとのこと。

2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  T-3の説明ボード製作の報告。
  屋外展示機(P-2J、YS-11、KV-107II)の点検及び雨漏れ状況など。
  KV-107IIのスポンソン・タンクのクリア塗装が剥がれてきている。
  YS-11の客室床に敷いたマットがズレていることが多い。 開放の都度位置直しを
  お願いしたい。

3) ディスカッション
 ・ボランティア・グループの緊急連絡網について。
 ・秋のUS-1A機内特別見学(11月6日(日)実施予定)の支援依頼。
 ・岐阜基地航空祭に向けて、屋外展示機の水洗いを実施したい。
 ・今年度は収蔵庫公開はやらないの? → 今年度は予定なし。

4)展示機説明 「富士FA200/航技研FA200改 STOL実験機(復習編)」
 今月の展示機説明は「富士FA200/航技研FA200改 STOL実験機」の復習。
 (前回説明したのは2008年2月でした)

 Fa200kai_2

 屋内実機展示場にあるFA200・JA3263は、
 航空宇宙技術研究所の短距離離着陸(STOL)実験機として造られた機体です。

 本機は「境界層吸込み式」によるSTOL実験が行われており、そのために
 通常型のFA200から主翼が大きく改造されています。

 特徴的なのは、フラップとエルロン(フラップの機能も兼ねる”フラッペロン”
 に改修されていて、フラップと一緒に下がります)の前縁部分に設けられた、
 失速を遅らせるために乱れた境界層を吸い込む5万個もの小さな孔。

 Fa200kai_3
  【FA-200改のフラップとエルロン前縁に設けられた境界層吸い込み孔】

 本機の実験によって得られた成果が、その後の本格的STOL実験機「飛鳥」に
 生かされたのでした。

 ちなみに、かかみがはら航空宇宙科学博物館には、FA200がもう2機あって、
 3階の体験搭乗用のJA3483と、幼児用の玩具と化した機体(胴体のみ)があります。

 Fa200_ja3483
    【3階のテーマハウスにある体験搭乗用のFA-200・JA3483】

 Fa200_child
        【お子ちゃまに人気?の幼児用FA-200(の胴体)】

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、11月5日(土) 10:00~の予定です。

2.US-1Aの点検

屋外展示機US-1A救難飛行艇の機内換気と点検を行いました。
大雨つづきだったので機内への雨漏れが心配されていましたが、梅雨入り前に
ドレン配管の点検など徹底して行ってた成果?か、
床板を開けたらすご~い水溜りが・・・ということはなく、一安心。

しかしながら、機首レドーム内の雨漏れは相変わらずで、水溜りから強烈な異臭を
放っておりました。 (X_X)

P111001_2
             【久々にUS-1Aの機内を点検中】

余裕があったら、YS-11のエンジン清掃なんかもやろうと思っていたのですが、
今日はボランティア活動は午前中までというメンバーが多くて実行断念。

また日を改めてやりましょう。

|

« 展示機維持活動・屋外展示機の点検 | トップページ | P-2Jの水洗い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年10月度 ボランティア・グループ月例会とUS-1A 等:

« 展示機維持活動・屋外展示機の点検 | トップページ | P-2Jの水洗い »