« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月27日 (日)

展示機維持活動・P-2Jのプロペラのカフス塗装(その2)

先週、屋外展示機P-2J対潜哨戒機のプロペラのカフスの塗装を行いましたが、

カフス表面のマーキングが消えてしまっているものの再現のため、
現物合わせでステンシル型紙の作成をしました。

現物をデジカメで撮って画像処理して、厚紙にプリントし、カッターで切り抜き。

P120526_1
   【P-2Jのプロペラのカフス再マーキング用型紙作りました】

・・・文字を1つ1つデザインナイフで切り抜くのに3時間くらいかかった(*_*;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週6/2(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

展示機維持活動・P-2Jのプロペラのカフス塗装

屋外展示機P-2J対潜哨戒機のプロペラのカフス(プロペラ・ブレードの根元部分)の
被膜が経年劣化しボロボロになってしまっているのが気になっていたのですが、

今日は、このプロペラのカフスの再塗装(というとちょっと語弊があるかも?)を
行いました。

P-2JやUS-1A(現用機のP-3CやC-130Hもですが)のプロペラの根元には、
カフスと呼ばれる翼型をした整形材がついています。
カフスはエンジン・ナセルへの空気の流入を向上させる効果があります。

このカフス、薄いゴムの被膜で覆われているのですが、この被膜が劣化して剥がれ、
発泡樹脂製の下地が露出してきちゃったですよ。

P120519_1
【天日に晒されて表面がボロボロになってしまったP-2Jのプロペラ・カフス】

本来なら、ゴム被膜を貼りなおすのですが、ちょっと博物館の屋外でできるような
作業ではありません。
とはいえ、このままにしていれば下地の発泡材まで浸食されていってしまうので
放っておくわけにもいかず、上から厚めにペイントを塗ることにしました。

P120519_2
        【P-2Jのプロペラ・カフス表面を塗装中です。】

今回、塗装を行ったのは、特に劣化が酷かった直射日光に晒された面のみ。
日陰になる面は、塗装はせずにそのままにしました。

カフスのおもて面には、プロペラ・ブレードの部品番号や製造番号が
ステンシルでマーキングされていたのですが、
上の写真のように、ゴム被膜とともに剥がれて消えてしまっていたため、
塗料でベッタリ上塗りしてしまいました。

P120519_3
     【カフス表面塗装後。 ステンシル消えてしまったです(泣)】

・・・というものの、ステンシルの記録はちゃんととってあるので、
後日、再現する・・・つもりです。 (いつになるかは分からない (^_^;; )

P060820_p2j
【これは同じ部位を2006年秋の全面再塗装前に撮った写真です。
 この時点でステンシル文字は消えかけていたのですが、撮っといてヨカッタ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

2012年5月度ボランティア・グループ月例会

1.博物館ボランティア・グループ5月度月例会

博物館ボランティア・グループの5月度月例会が行われました。

P120512_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・5月連休中は、博物館隣のグリ-ンスタジアムでホッケーのオリンピック予選が
  あった影響もあって大変混雑した。 秋には国体があるので同様に混雑しそう。
 ・6月3日(日)のUS-1A機内特別見学の支援要請

2) 先月の活動報告
 ・4/13にCBC「花咲かタイムズ」の取材があった(4/28放映)
 
 ・雑誌の取材があり、F-104Jの説明対応(4/19)
 ・日本航空協会「重要航空遺産」調査の対応(4/15)
 ・展示機状況報告
  STOL実験機「飛鳥」操縦室仕切り板の製作進捗報告、
  YS-11、P-2J等の屋外展示機の状況報告、F-104Jのブレーキオイル漏れ、
  T-1 #810号機の点検状況など。

3) ディスカッション
 ・質問:自衛隊展示機の尾翼のマーク(飛行開発実験団の部隊マーク)の意味は?
      何をデザインしたものなの?
  P120512_2
  【当博物館展示の航空自衛隊機は、地元の飛行開発実験団の所属機なので、
      尾翼のマークも当然ながら飛行開発実験団のマークなのですが・・・】

  答え: 衝撃波と人工衛星の軌道をデザインしたものだそうです。

 ・航空計器の仕組みに関するQ&A
 ・中日新聞各務原市民ニュースへの記事掲載について
 ・ボランティア対応事項の整理

4) 展示機説明
 今月の展示機説明はT-2超音速ジェット練習機の予定でしたが、
 先月、日本航空協会の「重要航空遺産」の調査対応があったこともあったので、
 T-2は再度延期、ボランティアの皆さんを対象に「文化財としての航空機保存」と
 「重要航空遺産」についての説明をしました。
 (こういうのを周知しておくことも必要ですからね)

~~~~~~

次回のボランティア月例会は、6月2日(土) 10:00~の予定です。

2.US-1Aの機内点検&換気

来月3日は屋外展示機US-1A救難飛行艇の機内特別見学ということで、
事前点検を行いました。

P120512_3
   【今年のUS-1A機内特別見学は、6月3日(日)開催予定です】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

展示機維持活動・YS-11のエンジン・インテーク・カバーの補修

子供の日です!

・・・てな具合で、博物館も今日は午前中からご家族連れで大変賑わいました。

P120505_1
         【天気が良すぎてクラクラきちゃいそうだ】

聞くところによると、昨日はもっと繁盛して、昨年の「はやぶさ展」を彷彿させるほど
だったとか。
お隣の岐阜県グリーンスタジアムでホッケーのオリンピック予選をやってる影響も
あるのかな? 客層を見るとあんまり関係なさそうでしたが (^_^;

さて、このところ館内での活動が中心だったのですが、お天気が良かったので
久しぶりに屋外展示機を見て回りました。

そろそろスズメの巣作りのシーズンですしね。

と、YS-11のエンジン・インテーク・カバーがボロボロになっているの気付きました。

P120505_2
  【YS-11のエンジン・インテーク・カバーの被服がボロボロです・・・】

前回補修したのはいつだったかしら・・・

15年以上も風雨に晒されてるので仕方ないのですが、もう限界に近い。
とりあえず、梱包テープで補修しましたが、根本的にカバーを作り直した方が
よさそうです。

P120505_3
【エンジン・インテーク・カバー補修前。 中のウレタンが露出しちゃってます】

P120505_4
           【エンジン・インテーク・カバー補修後】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週5/12(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »