« 「屠龍」主車輪の展示台車改修作業(手直し編) | トップページ | 展示機維持活動・YS-11の水洗い2012 »

2012年9月 8日 (土)

2012年9月度ボランティア・グループ月例会

1. 博物館ボランティア・グループ9月度月例会

博物館ボランティア・グループの9月度月例会が行われました。

P120908_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・夏休み期間中のご支援ありがとうございました。 来館者数も昨年度を上回りました。
 ・今月末の、ぎふ清流国体開催に伴い、関係者駐車場

2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  「屠龍」主車輪展示台車の改善、YS-11エンジン・インテーク・カバーの製作、
  T-3前席操縦桿根元部カバーの保護、F-104J/T-2の機首ピトー管カバーの製作、
  「飛鳥」左USBフラップ駆動アクチュエータから作動油漏れ対応 等。

3) ディスカッション
 ・秋の収蔵庫公開の実施について調整。
  11月中旬に実施できるよう、準備を進めましょう。
 ・YS-11初飛行50周年記念イベントについて
  今年はYS-11が初飛行して50年ということで、何かイベントをやりたいと提案。
  講演会とパネル展示を企画中。
 ・YS-11の再塗装延期によるボランティアによる胴体水洗いの計画
  YS-11の再塗装が延期になってしまいましたので、せめて汚れの目立つ
  胴体左舷側だけでも清掃してやりたい、ということで今月の天気の良い週末に
  実施することで調整中。
 ・エントランスに、来館者記念撮影用に零戦の模型を展示したいとの提案。
 ・夏休み期間中のT-3体験搭乗の時間延長と定員増についてボランティアから苦情。
  来館者サービスとはいえ、対応するボランティアに事前に相談なく時間延長したり
  定員を増やされては困ります(怒)

4) 展示機説明
  今月はT-3初等練習機の予定でしたが、時間がなく来月に延期。

次回のボランティア月例会は、10月6日(土) 10:00~の予定です。

2. 戦闘機「飛燕」講話会

月例会の後、博物館支援ボランティア・グループ向けの特別企画として、
1月に開催した「土井武夫さんとの思い出」座談会でパネリストをしていただいた、
川崎重工OBの田川徹さんにお願いをして、「飛燕」戦闘機についての講話を
していただきました。

P120908_2

田川さんはYS-11の主翼設計に従事され、「飛燕」設計者の土井武夫さんから
直接薫陶を受けた技術者で、土井さんとのお付き合いも長く、
「飛燕」技術的特徴などを、土井さんから直接伺ったお話を交えて約1時間
お話いただきました。

|

« 「屠龍」主車輪の展示台車改修作業(手直し編) | トップページ | 展示機維持活動・YS-11の水洗い2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年9月度ボランティア・グループ月例会:

« 「屠龍」主車輪の展示台車改修作業(手直し編) | トップページ | 展示機維持活動・YS-11の水洗い2012 »