« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月27日 (土)

YS-11初飛行50周年記念講演会

今日はYS-11初飛行50周年記念イベントとして、同機の開発・設計関係者の
鳥養鶴雄さんによる講演会が催されました。

P121027_1
         【YS-11初飛行50周年記念講演会の模様】

実際にYS-11の設計に関わられた方ならではの、開発段階からエアラインで
運用が始まってからの様々なトラブルへの対応、そのエピソードや教訓などについて
約1時間半、質疑応答を含めると2時間近く、お話していただきました。

賛否両論、様々な教訓を残したYS-11の開発・製造。
旅客機を作り、販売するというのは、どういうことなのか。

本当に興味深く、色々考えさせられる内容でした。

聴講者は中高年の方が多かったような印象でしたが、若い人達にも聞いて
欲しかったと感じました。

~~~

YS-11パネル展のほうも、新たに故・土井武夫さんがお持ちであったYS-11関連の資料
(のコピー)を追加展示しました。

P121027_2
【YS-11パネル展の展示物追加。 三面図や日本航空機製造の社内誌など】

三面図は土井武夫さんの落書き入り(何かの検討に使ったらしい)だ! (^_^;

日航製の社内誌(NAMCニュース)はYS-11の試作機ロールアウト、試作機初飛行、
東京オリンピックの聖火輸送などの記事を抜粋して掲示しています。

また、会場内で当博物館の展示機である第2099号機(登録番号JA8731)の
岐阜飛行場ラストフライトの映像も上映。

P121027_3
 【今日のYS-11です。 週明けから、念願の再塗装作業開始です。】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

YS-11初飛行50周年記念パネル展準備

ご存じのように、今年は国産旅客機YS-11が初飛行して50周年なわけで、

各務原の博物館でもYS-11のイベントやりたいよう!という具合で、

今週末27日(土)には開発・設計に関わられた鳥養鶴雄さんをお招きして
記念講演会を催したりするわけですが、

YS-11の量産一号機を保存している国立科学博物館のご厚意により、
YS-11の解説/写真パネルを貸していただくことができたので、
ささやかながらパネル展を催すことになり、今日はその準備を行いました。

・・・9月22日に羽田の「空の日フェスティバル」へ行った際の重要なミッションというのは
実はこの展示パネルを借用するための現物確認と調整だったのでした。
(毎度のことながら、私がパネル展企画の言いだしっぺだったので)

さて、本日の作業の様子です。

P121021_1
       【巨大なYS-11写真パネルの掲示作業中です。 】

P121021_2
         【こちらはYS-11に関する解説パネルです】

YS-11パネルの借用を快く許可していただきました国立科学博物館の鈴木様、
ご協力いただいた博物館ならびにボランティアの皆様、本当にありがとうございました。
(スミマセン、いつも私のワガママな提案から始まるんですが~ (^_^;ゞ )

ちなみに今回の展示パネル、ほぼ全て国立科学博物館から借用したものであり、
ご存じの方もおられると思いますが、
2006年に開催された「YS-11国産旅客機44年の航跡」展で展示されたものです。

各務原にも、YS-11の設計・製造に関わられた方々が大勢おられるわけですが、
みなさんご高齢になられて、遠い東京の博物館で催されている展示会に
足を運ぶというのも大変だし、諦めちゃうこともあるんじゃないかしらん・・・。

折角、YS-11の企画展が催されて立派な展示パネルとかあるのですから、
それが東京でだけなんてもったいない。
それならば、博物館同士なんだから、展示パネルを借りて各務原でも展示が
できたらイイな。 YS-11に関わったお爺様方も喜んでくれるかもしれないし!

・・・と思いついて、思いついたら即行動。

丁度、初飛行50周年でもあるし、ということで、提案&調整、実行に移したというわけです。

P121021_3
      【「世界の大空を飛び続けるYS-11」写真パネル】

記録派の航空機撮影マニアの草分けであった、故・下郷松郎氏が撮影された
YS-11生産182機中173機の写真を並べた巨大写真パネル。
よく見ると写真の中に配された雲の写真が「YS-11」の文字になるという凝った
デザインになっています。
科博以外での展示は各務原が初??

P121021_4
 【YS-11の解説パネルと各種試験の説明ボードの掲示も完了です】

「YS-11初飛行50周年記念パネル展」は11月11日(日)まで開催予定とのことです。

~~~~

そうそう、10月27日(土)開催のYS-11初飛行50周年記念講演会ですが、
告知では定員60人となっていますが、館内STOL実験機「飛鳥」横の特設会場で行うので、
多めに座席を用意するそうです。 また、立ち見もでもよければ聴講自体はOKとのことです。

屋外展示機のYS-11の再塗装は、岐阜基地航空祭の後、10月29日から開始予定で調整中とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

収蔵庫内の整理(収蔵庫公開準備) 他

来月中旬に収蔵庫の公開が行われる予定なので、
ちょっと早めですが、収蔵庫内の片付けと掃除を行いました。

P121020_1
 【来月に予定されている収蔵庫の公開に備えて、片づけを行いました】

収蔵品というよりも、博物館で不要になったもの(古くなった花壇のプランターや
展示品の入れ替えで不要になった展示パネルとか)が
とりあえず置かれてそのまんま・・・みたいな状態になっているもんで (^_^;

今日のところは半分くらい片付いたかな?? 分解保管中のT-1 #801号機や
KM-2練習機のホコリ払いまではできなかったので、これはまた今度。

他に、P-2Jの機内換気を行いました。 後部胴体内に雨漏れの水溜りを発見(T_T)
うむむ・・・とりあえず水抜きはしましたが、漏れ箇所はどこだ??
調べてみないといけませんね。

P121020_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

展示機維持活動・P-2Jのプロペラのカフス塗装(その3)

昨日は、中部国際空港で催されていたJA2012国際航空宇宙展へ行っていました。

さて、今年の5月
屋外展示機P-2J対潜哨戒機のプロペラのカフス(プロペラ・ブレードの根元部分)の被膜が
経年劣化してボロボロになってしまったため、塗装を行いましたが、

残作業となっていた、消えてしまったカフス表面のマーキングの再現ですが、
現物合わせでステンシル型紙まで作ったものの、梅雨やら猛暑やらで
先延ばしにしているうちに忘れかけていました。 (^_^;

・・・寒くなる前にやってしまおうということで、本日実施しました。

P121014_1
【P-2Jのプロペラ・ブレードのカフス。 マーキングが消えちゃったので再現します】

自作のステンシル型紙と模型用のエアーブラシを使って、シュッシュッと・・・。

P121014_2
【P-2Jのプロペラ・ブレード・カフス部分のマーキング、再現完了です (^_^)v】

~~~

それから、YS-11のエンジン・インテーク・カバー製作のその後。

これは8日にやったのですが、カバー周囲のウレタン部分を赤く塗装して、
再度フィット・チェック実施。 バッチリ決まりました。

P12108_1

P12108_2
【YS-11のエンジン・インテーク・カバーも、ほぼ完成です。】

待ちに待ったYS-11の再塗装が今月末くらいから着手されるようなので、
それが終わったら装着しようと思います。
それまでは現行のカバーにもうひと踏ん張りしてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

2012年10月度ボランティア・グループ月例会

1. 博物館ボランティア・グループ10月度月例会

博物館ボランティア・グループの10月度月例会が行われました。

P121006_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・今月はイベントが盛り沢山です。
  明日7日は水ロケット大会、27日にはYS-11初飛行50周年記念イベントとして、
  鳥養鶴雄氏による講演会を開催予定。
  翌日28日は岐阜基地航空祭です。
  また、11月4日はUS-1A特別公開開催です。 ご支援よろしくお願いします。
 ・新任職員・森田さん(元・航空自衛隊戦闘機パイロット)の紹介。
 ・ウェルカム・ハウスの「各務原の空で生まれた飛行機たち」映像の上映開始。

P121006_2
【ウェルカム・ハウスの映像装置7年(?)ぶりの復活。 映像は新しくなってます】

2) 先月の活動報告
 ・展示機状況報告
  YS-11の水洗い実施、YS-11エンジン・インテーク・カバーの製作進行中、
 
  「飛鳥」左USBフラップ駆動アクチュエータから作動油漏れ再発/対応、
  台風17号対策 等。

3) ディスカッション
 ・館内の大型機はどうやって搬入したの?
 ・YS-11初飛行50周年記念イベント(講演会)について。
 ・収蔵庫公開の実施日について調整。 ボランティア側は11月18日(日)を希望。
 ・博物館支援ボランティアTシャツ追加製作完了。
 

4) 展示機説明 「富士T-3初等練習機」
 今月の展示機説明は、体験型展示機として人気のT-3です。

P120909_t3

航空自衛隊の初等練習機T-3の開発・運用の歴史のほか、
当博物館の展示機11-5547号機の経歴、体験型展示機として借り受け提案から、
ボランティアによって行われた機体搬入作業までの苦労話などについて話をしました。

次回のボランティア月例会は、11月3日(土) 10:00~の予定です。

2. 収蔵庫の整理

来月中旬くらいに収蔵庫公開を予定しているため、その準備として少しづつ片付けを
始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »