« YS-11リペイント完成記念イベント | トップページ | YS-11エンジン・インテーク・カバーの取付け 等 »

2012年11月18日 (日)

収蔵庫公開2012秋

博物館の収蔵庫公開が行われました。

常設展示しきれない機体や収蔵物を保管している収蔵庫は、
普段は見学不可なのですが、年に数回、ボランティアの皆さんの協力で
一般に公開しています。

収蔵庫内に保管中の収蔵機・収蔵物は主なものを挙げると

・KM-2練習機 6255号機
・T-1ジェット練習機 #801号機(T-1の試作1号機)
・KAT-1練習機 第2号機(登録番号JA3100)
・霧ヶ峰K-14型プライマリ・グライダー
・XF-3エンジン(T-4ジェット練習機の試作エンジン)の空中試験用ポッド
 (C-1 FTB機の主翼に装着されていたもの)
・エンブラエル170型旅客機の外舷フラップ
・瓦斯電ロ式八十馬力発動機(ル・ローンC型回転式エンジン)
・大正時代の木製4翅プロペラ(ショートF-5飛行艇のプロペラ?)

などなど。

P121118_1
【KM-2練習機です。 分解された状態ですが、これが飛行機の構造を説明する上で
   とても好都合で、意外と好評。 翼の取付け部なんて、普段は見れませんしね】
(ボランティア坂本さん撮影)

P121118_2
【T-1ジェット練習機#801号機。  本機は戦後の国産ジェット第一号です。】
(ボランティア坂本さん撮影)

収蔵庫公開にあたり、収蔵庫内の片付け・清掃や収蔵物の配置等の準備に
ご協力いただいたボランティアの皆様、ご苦労様&ありがとうございました。

|

« YS-11リペイント完成記念イベント | トップページ | YS-11エンジン・インテーク・カバーの取付け 等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収蔵庫公開2012秋:

« YS-11リペイント完成記念イベント | トップページ | YS-11エンジン・インテーク・カバーの取付け 等 »