« 収蔵庫公開2012秋 | トップページ | 展示機維持活動・屋内展示機のタイヤ点検 »

2012年11月25日 (日)

YS-11エンジン・インテーク・カバーの取付け 等

YS-11のエンジン・インテーク・カバー新規製作品の取付け、再塗装の完了を待ってから、
ということで先延ばしにしていましたが、本日、取付けを行いました。

P121125_1
 【YS-11のエンジン・インテーク・カバー。 これはもともとのやつです】

16年も風雨にさらされ、スズメに啄まれていればボロくもなりますな。

P121125_2
【新たに作製したインテーク・カバー。 開口部に嵌るタイプにしました】

プラスチック・ダンボールと発泡ウレタンで作りましたが、耐久性は??
我ながら、苦労した割に出来もイマイチだ (-_-;

今更ながら、防水布を縫ってクッション式にしたほうがよかったかもしれない。
・・・まぁ、しばらくこれで様子を見ましょう。

P121125_3
   【見た目はかなり良くなったと思いますが、いかがでしょうか?】

その他、T-3初等練習機の風防放出レバーの保護カバーの製作・取付とか。

操縦席への体験搭乗に供されているT-3ですが、前席の右前方にある、
非常脱出時に風防を放出(というか可動風防がレールごと外れる)するためのレバー。
(T-3は座席は飛んでいきません(^_^; )

P121125_4
【黄色いのが風防放出レバーで「引け」って表記されてますが、引いちゃダメ。
 上から「サワルナ」って書いたテープ貼っていたのですが引いてみたくなる??】

さわっちゃダメだって言ってるんだけれども、ふとしたはずみにレバーを引こうとする
子供が多いからなんとかして!という担当ボランティアさん達の要請を受けて、
透明アクリル板で作ったカバーを取り付けました。

元々あるネジ穴を使って取り付けたので、オリジナル構造に穴をあけたりはしていませんが、
STOL「飛鳥」の操縦室仕切り板と同じく、あまり嬉しくない処置です。

P121125_5
【前席の風防放出レバーに透明アクリル製のカバーを取り付けました。】

|

« 収蔵庫公開2012秋 | トップページ | 展示機維持活動・屋内展示機のタイヤ点検 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YS-11エンジン・インテーク・カバーの取付け 等:

« 収蔵庫公開2012秋 | トップページ | 展示機維持活動・屋内展示機のタイヤ点検 »