« 2013年博物館ボランティア活動始め | トップページ | 子供用AS332ヘリコプター計器板 »

2013年1月12日 (土)

2013年1月度ボランティア・グループ月例会

博物館ボランティア・グループの1月度月例会が行われました。

P130112_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・館長から新年の挨拶
 ・中日新聞で連載中の「時流の先へ」で中部の航空史を取り上げており
  当博物館でも土井武夫技師の記事で取材協力しました。
 ・二式複座戦闘機「屠龍」の特別展を2月24日~4月7日の期間開催予定

2) 先月の活動報告
 ・ウェルカム・ハウスの「各務原 空の群像」写真パネルの人名シールが
  剥がされ上下さかさまに貼られるという悪戯被害があった。 対策を検討。
 ・展示機状況報告
  霧ヶ峰式K-14型プライマリ・グライダーの1/2スケール模型を工房天井から
  吊り下げ展示する作業を実施。 
  幼児用AS332ヘリ操縦席の計器板に計器の写真を貼り付け中 等

3) ディスカッション
 ・工房内に霧ヶ峰K-14型プライマリ・グライダーの模型を吊り下げたが、工房が
  使用されていないときに照明が消されていると、外から見えないのが残念。
  小さな照明でも追加できないか?

4) 展示機説明 「複合材ローター・システム実験機」
  今月の展示機紹介は、OH-6Jヘリコプターを改造して作られた
  複合材ローター・システム実験機KA370。

  P130112_2

  本機は日本が初めて独自に開発した複合材ローター・システムの
  飛行実験に使用された、後の純国産のOH-1観測ヘリコプターに繋がる、
  国産ヘリコプター開発の経緯を如実に物語る日本航空技術史的に貴重な機体です。

  ヘリコプターのローター・システムについてや本機の概要、当博物館においての
  復元の過程などについて説明しました

  2003年4月~2004年6月にかけての復元作業の様子は、こちら↓にまとめてあります。

  ・複合材ローターシステム実験機復元作業

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、2月2日(土) 10:00~の予定です。

|

« 2013年博物館ボランティア活動始め | トップページ | 子供用AS332ヘリコプター計器板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年1月度ボランティア・グループ月例会:

« 2013年博物館ボランティア活動始め | トップページ | 子供用AS332ヘリコプター計器板 »