« 展示機維持活動・P-2Jの点検 | トップページ | 展示機維持活動・KV-107IIの点検 »

2013年3月17日 (日)

双発戦闘機「屠龍」展の対応

昨日と今日とは、館内特設会場で開催中の
-各務原の航空史-双発戦闘機「屠龍」展の対応をしました。

展示されている「屠龍」の実機部品が少なくて、少々寂しいネという声があり、
どうしたものかしらん、と考えていたところ、

零戦計器板の忠実な復元で有名な中村泰三さんのご厚意で、
コレクションの「屠龍」の部品を貸していただけることになりました!

中村さん、ありがとうございます!

・・・そんな具合で、中村コレクションの「屠龍」実機部品の追加展示作業を
行いました。

P130224_4
        【これは先週までの展示ケースの状態です】

展示ケース内の配置を見直して、お借りした部品類を並べました。

また、展示部品が「屠龍」の機体のどの部分のものなのか分かりやすくするため、
「屠龍」の取扱説明書の付図を使って簡単な説明ボード(「これがそれ」みたいな)を
作成して、部品と一緒にケース内に配置しました。

P130317_1
【「屠龍」実機部品が増えた、今日の展示ケースです。
            なんか、見栄えもグッとよくなったような気がします。】

P130317_2
【追加展示となった部品。 エンジン・ナセル側面の点検パネルや
                 燃料タンクの一部、主翼桁の一部などです。】

燃料タンクの破片は、防弾目的でタンク表面に貼られたゴムがきれいに
残っている大変貴重なものです。

P130317_3
 【展示ケースの左半分には、エンジン関係の部品や計器を並べました】

それから、
「屠龍」の主任設計者の故・土井 武夫さんが、自身の双発機の設計について語った
「双発機の設計」講演記録映像の上映の第2回目が行われたのでその対応。

会場で常時上映している映像にも、土井武夫さんの講演時のものが使われていますが、
それは約1時間半にも及んだ講演を編集して6分程度にまとめた簡易版なのでした。

完全版は長すぎるし、そもそもが航空技術者向けの講演だったために内容が専門的で
一般見学者には難解ということもあって、平日は短く編集したものを流しているのですが、
全部が見たいというリクエストも多く、特別に完全版を上映する機会を設けたわけです。

P130317_4

次回の土井武夫さんの「双発機の設計」講演記録映像(完全版)の上映は、
「屠龍」展最終日の4月7日(日)です。 

---------------------

来週24日(日)午後は、かかみがはらシティマラソンの開催に伴い、
博物館周辺の道路の交通規制があります。 来館される際には十分ご注意ください。

|

« 展示機維持活動・P-2Jの点検 | トップページ | 展示機維持活動・KV-107IIの点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双発戦闘機「屠龍」展の対応:

« 展示機維持活動・P-2Jの点検 | トップページ | 展示機維持活動・KV-107IIの点検 »