« 2014年博物館ボランティア活動始め | トップページ | P-2J操縦席見学ステップ再塗装(その3) »

2014年1月11日 (土)

2014年1月度ボランティア・グループ月例会

1.博物館ボランティア・グループ1月度月例会

博物館ボランティア・グループの1月度月例会が行われました。

P140111_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・館長から新年の挨拶
 ・館内で入館者アンケート実施中
 ・ヘリコプター・シミュレータ更新工事1月末完了予定が2月上旬までずれ込みそう。
 ・各務原シティマラソンが3月2日(日)開催予定。
  当日は博物館周辺道路が交通規制されるので注意方。
 ・飛行機凧教室が1月26日(日)に開催されます。 ご支援よろしくお願います。
  P140111_2

2) 先月の活動報告
 ・12月28日夕方、名古屋テレビ「ドデスカ!目指せ!1万人の応援団」の
  生中継対応。 当日は閉館日でしたが、テレビを見た大勢の市民が
  芝生広場に集まり、「た!」の文字を描きました。
  雪の降る中、とても寒かったです (^_^;
  P131228_1
    【12月28日の「ドレスカ!」生中継での人文字 「た!」】
 

 ・展示機状況報告
  P-2Jの見学ステップを再塗装中。 思いのほか時間が掛かりそう。

3) ディスカッション
 ・戦時中の戦闘機のプロペラ・ブレードの寄贈があるかも??
 

4)展示機説明 「サーブ・サフィール91B改・X1G高揚力研究機」
 今月の展示機説明はサフィール91B改・X1Gです。

 X1Gは昭和30年代にスウェーデンのサーブ社が製造した
 サフィール91B練習機をベースにして、日本で改造・製作された
 高揚力研究機です。

 X1g1b
   【現役当時のサフィール91B改・X1G高揚力研究機】

 展示機中、あまり目立たない飛行機ですが、かかみがはら航空宇宙科学博物館の
 展示テーマである、戦後日本の航空技術開発史の一番最初に位置する、
 極めて重要な飛行機で、「戦後国産機のルーツを探ると、この機体に行き着く」
 とまで言われる機体です。

 ・フルスパン・フラップ、2重隙間フラップ、スポイラーによるロール制御の研究
 ・境界層制御技術(BLC)の研究
 など、様々な高揚力装置の実験が本機を用いて行われ、その実験成果が
 その後の国産航空機の開発に生かされていったのでした。

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、2月1日(土) 10:00~の予定です。

2.P-2J操縦席見学ステップ再塗装

 ・・・冷え込みがきつかったので延期にしました。

|

« 2014年博物館ボランティア活動始め | トップページ | P-2J操縦席見学ステップ再塗装(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年1月度ボランティア・グループ月例会:

« 2014年博物館ボランティア活動始め | トップページ | P-2J操縦席見学ステップ再塗装(その3) »