« 飛行機凧づくり教室の支援 | トップページ | 雪のため博物館ボランティア活動はお休み »

2014年2月 1日 (土)

2014年2月度ボランティア・グループ月例会

1.博物館ボランティア・グループ2月度月例会

博物館ボランティア・グループの2月度月例会が行われました。

P140201_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・飛行機凧づくり教室の支援ありがとうございました。
 ・各務原シティマラソンが3月2日(日)開催予定。
  当日午前中は博物館周辺道路が交通規制されるので注意方。
 ・先月までの入館者数が前年を上回っており非常に好調。
 ・来年度は屋外展示機KV-107ヘリコプターの再塗装を予定しています。 

2) 先月の活動報告
 ・飛行機凧づくり教室の支援
  家族連れに好評でした。(^_^)
 ・展示機状況報告
  P-2Jの見学ステップを再塗装中。 下塗りまで概ね完了した。
  パイロットスーツの展示マネキンにちょっと手を入れた。

3) ディスカッション
 ・T-3体験搭乗支援における接客に関して意見交換
 

4)展示機説明 「富士T-1ジェット練習機」
 今月の展示機説明はT-1です。

 当博物館には、T-1は機体番号#801と#810の2機が収蔵されています。

 T-1 #801号機は、収蔵庫に分解保管されている状態で、年に数回実施される
 収蔵庫特別公開日にのみ一般公開されますが、
 T-1の試作1号機であるとともに、戦後に日本人が初めて設計/製造した
 ジェット機の第一号機でもあるという、日本航空史の記念碑的な機体です。

 P130615_T1
  【T-1 #801号機。昨年の収蔵庫特別公開時の写真です】

 T-1 #810号機は、博物館のお隣、航空自衛隊岐阜基地の飛行開発実験団で
 ずーーっと使用されてきた「ご当地T-1」であり、
 また、航空自衛隊機で一番永く現役にあった機体(46年間)でもあります。

 P070116_t1
 【T-1 #810号機。 2007年1月16日の博物館搬入時の写真です】

 私が「各務原の博物館に展示されるべきT-1は#810以外にありえない、
 他のT-1では絶対ダメ!!!」と言い張って展示機にしてもらったので
 それなりに思い入れのある機体であったりもする。

 説明では、T-1に絡めて戦後の国産ジェット機開発の話や、各号機の経歴、
 特徴などについて解説をしました。

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、3月1日(土) 10:00~の予定です。

2.P-2J操縦席見学ステップ再塗装

 先週の下塗り作業をやり残した部分を実施。 来週からは上塗りを開始予定です。

|

« 飛行機凧づくり教室の支援 | トップページ | 雪のため博物館ボランティア活動はお休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年2月度ボランティア・グループ月例会:

« 飛行機凧づくり教室の支援 | トップページ | 雪のため博物館ボランティア活動はお休み »