« 展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その1) | トップページ | 展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その3) »

2014年5月17日 (土)

2014年5月度ボランティア・グループ月例会 他

1.博物館ボランティア・グループ5月度月例会

博物館ボランティア・グループの5月度月例会が行われました。

P140517_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・ゴールデンウィーク中のご支援有難うございました。
  入館者アンケートでも、ボランティアの説明に好感を持ったという
  意見が多く寄せられていました。
 ・最近は岐阜県も当博物館を重要な観光スポットとして注目してくれています。
  風向きが変わってきたことを実感しています。
 ・6月15日(日)に収蔵庫公開を実施予定です。
  支援依頼等、詳細は来月の月例会で連絡します。 
  また、当日は、鳥養鶴雄氏(富士重工OB)をお招きして
  T-1練習機をテーマにした講演会も開催予定です。
 ・新人ボランティアの紹介

2) 先月の活動報告
 ・ぎふチャンの情報番組 Station!(5月7日放映)にて、サフィールX1GとUF-XSの
  重要航空遺産認定のことが取り上げられました。
 ・4月20日にUS-1A機内特別公開を実施。
  生憎の雨により15時で中止となりましたが、大きな混乱なく終了できました。
 ・展示機状況報告
  YS-11の機内清掃/胴体水拭きを実施(4月12日)。
  US-1A機内公開準備の実施(4月19日)、同APU室ドレン配管が腐食により
  破れて機内に雨漏れしていた。アルミテープで配管破れ部を補修(4月20日)。
  YS-11の排気ノズル・カバー劣化のため交換(5月1日)。
  重要航空遺産認定証の台座を製作・設置(5月5日)。
  P-2Jの機首見張員席にミイラ化したスズメ発見、機内湿気抜きでハッチを
  開放した際に入った?後日撤去清掃する(5月10日)。
  US-1Aエンジン・インテーク・カバー劣化のため新規製作に着手(5月10日~)。

3) ディスカッション
 ・ボランティア活動中の安全確保について話し合い
 ・ボランティアの名札を新たに作ったので配布
 
 

4)展示機説明 「日本航空機製造 YS-11」
 今月は国産旅客機YS-11を取り上げました。

 P140315_1

 製造が行われた中京地区にあって唯一のYS-11である当博物館のJA8731。
 塗装ハゲハゲで悲しい外観になってしまっていた時期もありましたが、
 2012年秋に全日空の方々の手で再塗装されて往年の姿を取り戻しました。

 このJA8731の経歴説明や1995年12月5日の岐阜飛行場へのラストフライト時の
 映像上映などを行いました。 

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、6月7日(土) 10:00~の予定です。

2.展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その2)

 先週に引きづついて、US-1A救難飛行艇のエンジン・インテーク・カバーの
 製作を行いました。

 今日は先週作ったカバーの型板に合わせて、パネコート板を切り出しました。

 P140517_2
 【パネコート板をエンジン・インテーク・カバーの形に切り出します】

 P140517_3
       【エンジン4台分、4枚切り出し完了です】

 次は板の周囲にクッションを貼り付けますが、それはまた今度。

|

« 展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その1) | トップページ | 展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年5月度ボランティア・グループ月例会 他:

« 展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その1) | トップページ | 展示機維持活動・US-1Aエンジン・インテーク・カバーの製作(その3) »