« 展示機維持活動・P-2Jの水洗い | トップページ | 屋外展示機の台風対策 »

2014年10月 4日 (土)

2014年10月度ボランティア・グループ月例会 他

1. 博物館ボランティア・グループ10月度月例会

博物館ボランティア・グループの10月度月例会が行われました。

P141004_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・秋の遠足シーズン。 紙ヒコーキ指導と館内説明員の支援お願いします。
 ・先月までの入館者数の推移 前年度を上回っている。
 ・博物館リニューアル構想、各務原市側の検討会と岐阜県側の
  意見交換会が開催された。
  岐阜県と各務原市のそれぞれの想いがあり、ベクトル合わせが課題。
 ・KV-107IIヘリコプターの再塗装 年度内実施に向け調整中。
 ・今月のイベント
  10月12日 水ロケット祭、10月18日 岐阜高専モデルロケット講座
  10月19日 長良川おんぱく 航空機産業関連トークショー
  10月26日~11月30日 US-1A救難飛行艇初飛行40周年企画展

  なお、US-1A企画展の会場準備を10月25日に行いますので
  ご支援よろしくお願いします。

 ・11月2日 US-1A機内特別公開を予定。ご支援よろしくお願いします。

2) 先月の活動報告
 
 ・展示機状況報告
  P-2J雨漏れ対策実施、しばらく様子を見る。
  P-2J胴体水洗い実施  ・・・等々

3) ディスカッション
 ・ボランティアユニフォーム&帽子の新規製作について。
 ・秋の収蔵庫公開について
  今秋はイベントが立て込んでいる他、収蔵庫内を使用する作業が
  予定されているため、開催は見送りとする。
 
 

4)展示機説明 「富士FA200/航技研FA200改 STOL実験機」
 

 今月の展示機説明は「富士FA200/航技研FA200改 STOL実験機」です。

 P141004_2

 屋内実機展示場にあるFA200改・JA3263は、
 航空宇宙技術研究所の短距離離着陸(STOL)実験機として造られた機体です。

 本機は「境界層吸込み式」によるSTOL実験が行われており、そのために
 通常型のFA200から主翼が大きく改造されています。

 特徴的なのは、フラップとエルロン(フラップの機能も兼ねる”フラッペロン”
 に改修されていて、フラップと一緒に下がります)の前縁部分に設けられた、
 失速を遅らせるために乱れた境界層を吸い込む5万個もの小さな孔。

 P141004_3
 P141004_4
  【FA-200改のフラップとエルロン前縁に設けられた境界層吸い込み孔】

 本機の実験によって得られた成果が、その後の本格的STOL実験機「飛鳥」に
 引き継がれていくのです。

 ちなみに、かかみがはら航空宇宙科学博物館には、FA200がもう2機あって、
 3階の体験搭乗用のJA3483と、幼児用の玩具と化した機体(胴体のみ)があります。

 Fa200_ja3483
 【3階のテーマハウスにある体験搭乗用のFA200・JA3483】

 JA3483は、1969年7月30日に製造されたFA200の第51号機。
 中日本航空専門学校の整備教材として使用されていました。

 Fa200_child
 【幼児用FA200(の胴体) 元はFA200ムーバー MK1034というもの】

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、11月1日(土) 10:00~の予定です。

2.屋外展示機の台風対策

 今月末にUS-1A救難飛行艇初飛行40周年企画展の開催を控え、
 汚くなっているUS-1Aの水洗いをしようかと思っていたのですが、

 超大型の台風18号が接近してきているということで、
 急遽、屋外展示機の台風対策(タイ・ダウン)をすることになりました。

 P141004_5
 【KV-107IIヘリコプターのローターをタイ・ダウン中です。
                    (ボランティア坂本さん撮影)】

 P141004_6
     【タイ・ダウンが完了したKV-107IIヘリコプター】

 P141004_7
 【US-1A救難飛行艇のタイ・ダウン作業(ボランティア坂本さん撮影)】

|

« 展示機維持活動・P-2Jの水洗い | トップページ | 屋外展示機の台風対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年10月度ボランティア・グループ月例会 他:

« 展示機維持活動・P-2Jの水洗い | トップページ | 屋外展示機の台風対策 »