« 展示機維持活動・YS-11の点検 | トップページ | KAL-1とT-2 CCVの搬入作業支援 »

2014年11月29日 (土)

KAL-1の帰還 と KV-107IIヘリコプター再塗装

戦後の航空再開後の1953年に初めて各務原で作られ、
初飛行した飛行機であるKAL-1連絡機。

大阪の交通科学博物館に1966年に寄贈されて以降、永らく同館で
展示されてきましたが、

その交通科学博物館が今年4月で閉館となり、
KAL-1はその後どうなっちゃうの!?と行き先が心配されていました。

Kal1_bentencho
【大阪の交通科学博物館に展示されていたときのKAL-1連絡機】

そのKAL-1が、交通科学博物館を所有していたJR西日本と製造メーカーの
川崎重工業のご厚意により、
かかみがはら航空宇宙科学博物館で展示されることになりました!

KAL-1、実に48年ぶりの里帰りとなりました。

やったー! (^o^)

昨日11月28日、大阪から各務原に分解輸送されてきたKAL-1は、
博物館の収蔵庫に運び込まれ、即日再組立作業に着手されました。

本日、その再組立作業に立ち会いました。

P141129_1
【再組立中のKAL-1連絡機。 各務原に48年ぶりの里帰りです】

P141129_2
【KAL-1連絡機は各務原の戦後航空再開の記念碑的な飛行機です】

28、29日の2日間でKAL-1の再組立は完了しました。

現役当時、関係者から「おかるさん」と呼ばれていたというKAL-1連絡機。

おかえりなさい、おかるさん。 これからは大事にするからね。

館内への搬入・展示は来月上旬になるとのことです。

~~~

屋外展示機のKV-107IIヘリコプターが再塗装に着手されました。
しばらくはシートで覆われて見えない状態です。

P141129_3
【今週からKV-107IIヘリコプターの再塗装が始まりました。】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週12/6(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

|

« 展示機維持活動・YS-11の点検 | トップページ | KAL-1とT-2 CCVの搬入作業支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KAL-1の帰還 と KV-107IIヘリコプター再塗装:

« 展示機維持活動・YS-11の点検 | トップページ | KAL-1とT-2 CCVの搬入作業支援 »