« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月27日 (土)

展示機維持活動・KV-107IIヘリコプターの点検

屋外展示機KV-107IIヘリコプターの再塗装が完了したので、
久々に機内の点検と換気を行いました。

・・・乗降ドアのハンドルが塗料でカチカチに固着してしまっていて
開けられるようになるまで苦労したぞ。

P141227_1【KV-107IIの機内換気を行いました】

~~~

今年の博物館ボランティア活動は、これで活動納めです。

ボランティアの皆さん、この一年ご苦労様でした。 また来年も頑張りましょう!

なお、かかみがはら航空宇宙科学博物館は12月28日(日)~1月2日(金)が
年末年始の休館になります。  ご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

KV-107IIヘリコプター再塗装完了

今日は午後から用事があるため、博物館ボランティア活動は
午前中に切り上げたので、館内見回り程度しかしませんでしたが

11月下旬から着手されていた、屋外展示機KV-107IIヘリコプターの
再塗装が完了したようで、周囲のシートが撤去され、
ほぼ一カ月ぶりに姿を現しました。

P141220_1

P141220_2
     【再塗装が完了したKV-107IIヘリコプター】

P141220_3
    【細かいマーキングもキチンと再現されています】

~~~

現在、屋外の遊具施設は老朽化にともなうリニューアル工事のため
一旦全部撤去されています。 工事完了は来年3月とのことです。

P141220_4
【屋外の遊具はリニューアルのため綺麗さっぱり撤去状態・・・】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

土井武夫生誕110周年記念企画展を開催中

# 昨晩、博物館関係者の忘年会だったので報告が遅れました(^_^;

各務原ゆかりの航空機設計者である、土井武夫さんの生誕110周年を
記念した企画展が、先週12月7日から博物館エントランス・ホールの
特設会場で開催されています。

P141207_1
【土井武夫展会場の様子。 これは先週7日の写真です。】

今日は会場での来館者対応など行いました。

ミュージアムショップ・ブルーウィングスでは、土井武夫さん関連の書籍や
飛燕・屠龍・五式戦等のプラモデル販売のコーナーができてました。

土井武夫展の図録や、永らく絶版で入手困難になっていた土井さんの著書
「飛行機設計50年の回想」復刻版も売っていますよ~。

P141213_1
 【ミュージアムショップの土井武夫展特設コーナーです】

土井武夫生誕110周年記念展は、来年2月8日まで開催の予定です。

~~~~~~

屋外展示機KV-107IIヘリコプターの再塗装は着々と進んでいます。
シートで覆われていて全然見えないけど(^_^;

P141213_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

2014年12月度ボランティア・グループ月例会 他

1. 博物館ボランティア・グループ12月度月例会

博物館ボランティア・グループの12月度月例会が行われました。

P141206_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
 ・T-2 CCVとKAL-1の搬入・展示作業の支援ありがとうございました。
 ・US-1初飛行40周年記念展 11月30日で無事に終了。
 ・博物館リニューアル検討会 各務原市側と岐阜県側の意見を摺合せ
  実設計に向けて進めていく段階。
 ・屋外展示機KV-107IIヘリコプターの再塗装が進行中。
 ・屋外遊具の老朽化入れ替え工事 12月17日から来年3月までの予定。
 ・年末年始の開館予定 年末は12月27日(土)まで、年始は1月3日(土)から。
 
 ・今月のイベント
  明日7日より、土井武夫生誕110周年記念企画展開催。

2) 先月の活動報告
 
 ・展示機状況報告
  P-2Jの後部胴体内の雨漏れは対策実施後、一応止まった。
  T-2 CCVとKAL-1搬入に伴う館内レイアウト変更作業、
  KAL-1の搬入・再組立作業支援 等

3) ディスカッション
 ・ウェルカム・ハウスの土井コーナーにあるキ102のプロペラ・ブレードの
  材質は何? -> アルミニウム合金です。
 ・T-3体験搭乗の写真撮影サービスに仕方について。 

4)展示機説明 「川崎P-2J対潜哨戒機」
 今月の展示機説明はP-2J。

 P2j_4782
 【現役当時のP-2J #4782号機(かかみがはら航空科学宇宙博物館所蔵)】

 米国ロッキード社製P2V-7に日本独自の改良を加え改造開発した
 対潜哨戒機P-2J。
 説明ではP2Vの系譜やP-2Jに至る開発史、P2V-7とP-2Jの相違点、
 各務原の展示機である4782号機について、貴重な記録映像の上映など
 行いました。

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、1月10日(土) 10:00~の予定です。

2.P-2Jの操縦席見学ステップの移動

 毎年恒例となった博物館の冬支度、屋外展示機P-2J対潜哨戒機の
 操縦席見学ステップを機首左舷側から右舷側への移動を行いました。  

 # 冬場にステップ床面が凍ってしまったとき、日影となる機首左舷側だと、
 # 氷がなかなか融けないため。

 P141206_2
 
 P141206_3
 【P-2Jの操縦席見学ステップを移動中(ボランティア坂本さん撮影)】

 今日は各務原市でも雪が降りました。 明日は大丈夫かな・・・。
 

3.土井武夫生誕110周年記念企画展「努力の人生」の準備
 各務原とゆかりの深い航空機設計者・土井武夫さんの生誕110周年を
 記念した企画展が、明日12月7日(日)から開催されますが、
 その展示会場の準備がエントランス・ホール特設会場行われました。

 P141206_4
        【土井武夫展の会場準備中です。】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

KAL-1とT-2 CCVの搬入作業支援

新たに博物館の展示機となる、KAL-1連絡機とT-2 CCV研究機が
休館日である本日、博物館内の実機展示場に搬入されました。

そんなワケなので、今日は仕事は休暇をもらい、ボランティアで
博物館で搬入作業の支援をしました。

T-2 CCV研究機は当博物館がオープン当初から展示機として
貸与を希望していた航空機ですが、
航空自衛隊の保存指定航空機に選定されているということもあり、
自衛隊外の施設に貸与されるのは難しいと思われてきました。

各務原市の粘り強い申し入れと、当博物館が日本の航空機開発の
歴史上、重要な役割を担った航空機を数多く展示していることが認められ、
晴れて貸与・展示されることになったのです。

大変光栄なことで、嬉しいことです。

KAL-1とT-2 CCVの館内搬入にあたり、既存の展示機T-1B #810 と
T-33A改を一旦屋外に出すことになったので、これらの機体も配置を
入れ替えることになりました。

P141202_1
【KAL-1とT-2 CCVの搬入に備え、建屋北側大扉前の
     T-1A #810 と T-33A改が芝生広場へ一旦搬出されました】

P141202_2
【先日、48年ぶりに里帰りし、再組立を終えたKAL-1連絡機が
 収蔵庫から芝生広場西側の関係者用道路に運ばれてきました】

P141202_3
【館内に搬入されるKAL-1。館内では ゴージャッキを使って搬送しました】

P141202_4
【T-2 CCVは芝生広場で一旦駐機。
          報道&一般向けに撮影時間が設けられました】

この後、T-2 CCVは岐阜基地の隊員さん達によって、芝生広場を
博物館建屋まで移動したのですが、
前日の雨によって芝生面がゆるくなっており、無茶苦茶苦労することに。

T-1B #810の搬入のときは、冬場の寒い早朝の搬入だったので
なんてことなかったのですが・・・

何枚ものベニヤ板を敷いては運ぶを何度も繰り返し、ようやく館内に
運び入れられました。

P141202_5
    【T-2 CCV、館内実機展示場に到着ですっ!】

P141202_6
【長い間、待ち望んだT-2 CCVが遂に展示機に・・・夢みたいです】

P141202_7
【展示機配置は T-33A改、T-1B、T-2 CCV、T-2 B.I.機となりました】

ちなみに、T-2 CCVの搬入に先立って、F-104Jは館内東窓際に
移動されました。

P141125_f104j
  【F-104Jの展示位置は、館内東窓際に移りました。】

一方、KAL-1連絡機は、弟分であるKAT-1練習機の隣に配置されました。

P141202_8
【「おかる」ことKAL-1連絡機はココに配置されました。
       代わりにBK117白(静強度試験機)は収蔵庫へ・・・】

P141202_9
【各務原航空史のマイルストーン的存在であるKAL-1連絡機】

苦労しましたが、無事に搬入作業完了です。
KAL-1、T-2 CCVとも、明日12月3日(水) から一般公開です。

搬入作業にあたられた自衛隊員の皆様、博物館職員並びに
支援ボランティアの皆様、ご苦労様&お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »