« 企画展の来場者対応など | トップページ | 展示機維持活動・YS-11の機内清掃 »

2015年2月 7日 (土)

2015年2月度ボランティア・グループ月例会 他

※ 講演の疲れが出て、更新が遅れました。

1. 博物館ボランティア・グループ2月度月例会

博物館ボランティア・グループの2月度月例会が行われました。

P150207_1

今月の議題は・・・

1) 博物館からの連絡事項
・土井武夫生誕110周年記念企画展の開催は2月8日(日)までの予定でしたが、好評につき4月5日(日)まで延長が決定しました。
・2月3日に岐阜県側の博物館リニューアル意見交換会が行われた。

2) 先月の活動報告
・展示機状況報告
KV-107IIヘリコプター胴体中央上部のカバーへこみ修正、
T-2 CCVタイヤ保護用ジャッキの取付け支援 等。

3) ディスカッション
・T-2 CCVに見学ステップは付けないの?
航空自衛隊の保存指定機でもあり、ステップ取付けにあたってはキャノピーガラス面の傷つき防止等の対策が必要。
・ボランティアによる館内ガイドツアーについての議論
・館内案内システムの提案

・・・等々

4)展示機説明 「ヘリコプターの歴史」
今月の展示機説明は、KHR-1実験ヘリコプターの予定でしたが、
午後の講演会の資料準備などで余裕が無かったため (^_^;;

急遽、4年前にやった「ヘリコプターの歴史」を手直しして実施しました。

・・・というか、川崎ベル式47G3B-KH4の前に、ヘリコプターの歴史全般についてやっておくべきだったんですけどね。

レオナルド・ダ・ビンチのスケッチの話から始まって、ヘリコプターという名称の由来、ポール・コルニュによる世界初の有人飛行に成功したヘリコプター「空飛ぶ自転車」、日本における回転翼航空機の歴史などについて説明しました。

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、3月7日(土) 10:00~の予定です。

2.「飛行機設計者 土井武夫氏を語る」講演会

土井武夫生誕110周年記念企画展の併催イベントとして、2月1日(日)には松本零士名誉館長による講演がありましたが、
今日の午後からは、その第2弾として講演会「飛行機設計者 土井武夫氏を語る」が開催されました。

元川崎重工業株式会社岐阜工場長の榊達朗さんと、不肖・かかみがはら航空宇宙科学博物館支援ボランティアの私め(^_^; が土井武夫さんと設計に関わられた飛行機について講演しました。
(写真はボランティア坂本さん撮影)

榊さんは土井武夫さんからP-2Jの設計などで直接薫陶を受けられておられるので、土井さんの人物像と日本航空産業との関わりや歴史などについてご講演いただき、

P150207_2

不肖、私めは土井武夫さんが設計に関与された代表的な飛行機とそのエピソードについて、博物館から貴重な記録映像の提供も受けて、説明をさせていただきました。

P150207_3

こんなに大勢の人の前で話するなんて、会社の新入社員教育とか改善活動発表会くらいしか経験がなかったので、かなり緊張してしまった(汗)

講演時間も20分もオーバーしてしまったし・・・反省。

|

« 企画展の来場者対応など | トップページ | 展示機維持活動・YS-11の機内清掃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年2月度ボランティア・グループ月例会 他:

« 企画展の来場者対応など | トップページ | 展示機維持活動・YS-11の機内清掃 »