« 寄贈された戦時中の飛行機のタイヤ調査 | トップページ | 2015年9月度ボランティア・グループ月例会 »

2015年8月29日 (土)

展示機維持活動・P-2Jの点検

最近、機内への雨漏れ等が機体各部の劣化進行が心配な屋外展示機P-2J対潜哨戒機ですが、
来週は雨が続くという予報なので、後部胴体内に溜まった雨水抜きと、操縦席上部ハッチのガラス面周囲の枠の補修作業を行いました。

P150829_1

操縦席上部ハッチのガラス枠・・・薄いFRPなのかな?? 紫外線にやられたのかボロボロになっちゃって剥がれてきてしまっていました(泣)

P150829_2

P150829_3

とりあえず、エポキシ系接着剤で剥がれた部分を貼り付けましたが、
ペイントを塗って保護しないと直ぐにダメになっちゃいそうです。

P150829_4
操縦席右側面のガラス周囲の割れの数も増えました。

P-2Jは、2006年秋の全面再塗装から約9年。 再度本格的な再塗装が必要な時期なのですが・・・

2006年10月末~12月に行われたP-2J再塗装

博物館リニューアル計画に合わせて、ぜひとも再塗装と修復をやってもらいたいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週9/5(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

|

« 寄贈された戦時中の飛行機のタイヤ調査 | トップページ | 2015年9月度ボランティア・グループ月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示機維持活動・P-2Jの点検:

« 寄贈された戦時中の飛行機のタイヤ調査 | トップページ | 2015年9月度ボランティア・グループ月例会 »