« 自動着陸予備実験機のタイヤ・チューブ交換 | トップページ | 2016年3月度ボランティア・グループ月例会 »

2016年2月27日 (土)

展示機維持活動・US-1Aの機内点検

屋外展示機US-1A救難飛行艇の機内点検と雨水抜きを行いました。

約1ヶ月ぶりの機内点検になりましたが、艇底にバケツ2杯ほどの水が溜まっていました。

P160227_1
雨漏れが止まらん・・・

一度、雨降りの日に機内に入って、どこからどう漏れているのか確認しないといけないな。

それはさておき、
館内では博物館リニューアルに向けた先行工事が着々と進んでいます。

P160227_2
アレ? 3階テーマ・ハウスに展示されていた、液冷V型12気筒エンジンV-1710がどこかにいっちゃった!?

P160227_3
どこへ行っちゃったんだろう・・・と思ったら、
V-1710エンジンは現在、旧シミュレータ・コーナーで設置工事中の体験学習コーナーに移されたのでした。

同じく、1階のT-4開発紹介コーナーにあったXF-3ターボファン・エンジンも同じところに移転されています。

処分されてしまったワケではありませんのでご安心を。

工事が終わる3月末までは見れないのでちょっと残念ですが、しばらくお待ちください・・・です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 週末3/5(土) 10:00~ 博物館ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こやまの航空宇宙博物館雑記帳ホームページ移転のお知らせ

@niftyの@homepegeサービスが2016年9月29日をもって終了することに伴い、
ホームページを下記のアドレスに引っ越しました。

http://koyama-s.la.coocan.jp/KASM_volunteer/

ブックマークなどの登録されている場合は変更をお願いします。<(_._)>

|

« 自動着陸予備実験機のタイヤ・チューブ交換 | トップページ | 2016年3月度ボランティア・グループ月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示機維持活動・US-1Aの機内点検:

« 自動着陸予備実験機のタイヤ・チューブ交換 | トップページ | 2016年3月度ボランティア・グループ月例会 »