« 展示機維持活動・US-1Aの機内雨漏れ対策 | トップページ | 屋外展示機 アルウェットIII型ヘリコプター撤去される 他 »

2016年7月23日 (土)

VTOL-FTBと体験用FA-200のタイヤ点検

今年秋に始まる博物館リニューアル工事では、建屋内から展示機を一時退避させる必要があります。

展示機の移動作業に際して、事前にタイヤの状態を確認しました。

日頃、タイヤの点検をしている展示機はよいとして、垂直離着陸実験機VTOL-FTBや3階テーマ・ハウスのヘリコプター・シミュレータ用OH-6J、体験用FA-200-180は、これまであまり手を掛けたことがないです。

VTOL-FTBは、一昨年12月のKAL-1搬入準備時に少し展示位置を動かした程度。
タイヤのゴム劣化が心配ですが、収蔵庫内に本機用の予備タイヤがあったので、なんとかなりそうです。

P160723_1
ヘリコプター・シミュレータ用OH-6Jは建屋工事にあたって3Fから降ろす必要があるので、倉庫から移動用のグランド・ハンドリング・ホイールを引っ張り出して状態を確認。
こちらはタイヤの状態も良好で、問題なさそうな感じです。
とりあえず、空気を補充して様子をみることにしました。

P160723_2
体験用FA-200-180は、完全に据え付け状態なので、これまでタイヤの点検はしたことなかったのですが、確認の結果、タイヤの状態は良好。 こちらも空気を補充して様子をみることにしました。

P160723_3

その他、
MRJ旅客機の模型が「飛鳥」機首右隣からエントランス・ホールに移されました。

P160723_4

|

« 展示機維持活動・US-1Aの機内雨漏れ対策 | トップページ | 屋外展示機 アルウェットIII型ヘリコプター撤去される 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VTOL-FTBと体験用FA-200のタイヤ点検:

« 展示機維持活動・US-1Aの機内雨漏れ対策 | トップページ | 屋外展示機 アルウェットIII型ヘリコプター撤去される 他 »