« 「飛燕」整備関係者インタビュー | トップページ | 2017年1月度ボランティア・グループ月例会 »

2016年12月24日 (土)

展示機維持活動・US-1Aの水抜き

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館の本館及び屋外実機展示場はリニューアル工事のため、2018年3月まで一時閉鎖されています。
収蔵庫特別公開を除いて、一般の方々の入館はできなくなっていますのでご注意ください。

収蔵庫特別公開の詳細については博物館公式ホームページ(下記URL)を参照ください。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/3920/017236.html

先々週、屋外展示機US-1A救難飛行艇の、機体の最後部の艇底に雨水が大量に溜まっているのを発見しましたが、機材の準備不足でそのままになっていました。

年末で忙しいけど放っておくわけにいかん!ということで、
ボランティアの皆さんでポンプなど持ち寄って水抜きを行いました。

床板を外してみると、水が一杯溜まってます!!

P161224_1
下写真の赤破線枠の部分に雨水が溜まっていました。

P161224_2
ご家庭の風呂桶一杯くらいかな~、と思っていたのですが、ドラム缶3本分くらい・・・600リットルくらいか!?

電動ポンプを使って排水。 これならラクチン。

P161224_3

P161224_4
それにしても凄い量です。
尾翼の中のBLC配管から漏れているようなのですが、どう対処したものか。

~~~

私の今年の博物館ボランティア活動は、これで活動納めです。

ボランティアの皆さん、この一年の支援活動ご苦労様でした。 また来年も頑張りましょう!

なお、かかみがはら航空宇宙科学博物館・収蔵庫特別展示は12月27日(火)~1月2日(土)までが年末年始の休館になります。  ご注意ください。

|

« 「飛燕」整備関係者インタビュー | トップページ | 2017年1月度ボランティア・グループ月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示機維持活動・US-1Aの水抜き:

« 「飛燕」整備関係者インタビュー | トップページ | 2017年1月度ボランティア・グループ月例会 »