« 展示機維持活動・US-1Aの水抜き | トップページ | 展示機維持活動・屋外展示機の点検 等 »

2017年1月 7日 (土)

2017年1月度ボランティア・グループ月例会

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館の本館及び屋外実機展示場はリニューアル工事のため、2018年3月まで一時閉鎖されています。
収蔵庫特別公開を除いて、一般の方々の入館はできなくなっていますのでご注意ください。

収蔵庫特別公開の詳細については博物館公式ホームページ(下記URL)を参照ください。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/3920/017236.html

博物館ボランティア・グループの1月度月例会が行われました。

P170107_1
1) 博物館からの連絡事項
・館長から年始の挨拶。 本年もよろしくお願いします。
・11月19日開始の収蔵庫公開、昨日までの来館者数は約5,700人。 「飛燕」効果もあるのか遠方からの来館者が多い。 来館者アンケートではボランティアの対応・解説が好評。日々のご支援有難うございます。
・先月から本館建屋内の工事が本格化しています。
・収蔵庫公開は1月28日~2月14日まで休館し、床面の保護塗装工事が行われます。
 また、この休館に合わせて臨時駐車場の舗装工事も行われます(2月下旬までの予定)。この間は、隣のホッケー場駐車場を使用してください。

2) 博物館リニューアルの現状説明
 岐阜県 航空宇宙産業課から、現時点でのリニューアル展示コンセプトについて説明がありました。
・展示コンセプト
先人の空・宇宙への憧れ、挑戦の物語を伝え、次代を担うこどもたちにチャレンジスピリットと感動を与える博物館を目指す。
・展示ターゲット
メインターゲットは小中学生とし、展示物の説明内容は小学生高学年レベルとする。それより上の年齢層に対しては、リーフレット等教材を別途作成し対応する。
・展示キーワードは「挑戦と感動」「技術の進化」

3) 先月の活動報告
・展示機状況報告
P-2J/US-1A/KV-107IIヘリコプターの機内点検、US-1A尾部に溜まった水抜き、仮設テント倉庫内に格納中の展示機の保守などを実施しました。

4) ディスカッション
・リニューアル後のイメージイラストに描かれた展示機におかしな部分が多い。
 来館者からの指摘されることもよくあり、修正して欲しい。
・今後は岐阜県も運営に参画していくことになるが、屋外展示機に屋根は付けてもらえないか。 展示機の劣化・腐食、鳥の糞害が着実に進んでおり、博物館のイメージに影響があるので検討お願いしたい。

・・・等々

5) 展示機説明
今月は「飛燕」来館者説明対策講座を予定していましたが、準備不足のため中止しました。

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、2月4日(土) 10:00~の予定です。

|

« 展示機維持活動・US-1Aの水抜き | トップページ | 展示機維持活動・屋外展示機の点検 等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年1月度ボランティア・グループ月例会:

« 展示機維持活動・US-1Aの水抜き | トップページ | 展示機維持活動・屋外展示機の点検 等 »