« 展示機維持活動・YS-11の点検 | トップページ | 竹製落下タンク他の引き取り »

2017年5月 6日 (土)

展示機維持活動・P-2Jの点検

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館の本館及び屋外実機展示場はリニューアル工事のため、2018年3月まで一時閉鎖されています。
収蔵庫特別公開を除いて、一般の方々の入館はできなくなっていますのでご注意ください。

収蔵庫特別公開の詳細については博物館公式ホームページ(下記URL)を参照ください。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/3920/017236.html

4月下旬は、博物館本館リニューアル工事後の展示機再搬入計画の打ち合わせなど、デスクワーク的活動をしていたため、これといった活動報告はしませんでした。
(一応、博物館のことはやってたんです本当なんです)

・・・で、久方ぶりに屋外展示機P-2Jの点検です。

野鳥の巣作りの季節なので、機体各部の営巣調査をしましたが、従来多かったスズメはムクドリに追い出されてしまい、代わりにムクドリがあちこちに巣を作っとりました。

P170506_1
右主翼内舷フラップの中が怪しいな~、と作業台を使って確認。

P170506_2
フラップ側面の軽め孔を塞いでいた羽布が破られて、フラップ内部がムクドリ御殿になっていましたです(泣)

P170506_3

天気予報では、お昼過ぎから雨降りとのことだったのと(結局降らなかったけど)、既に雛がピーピー鳴いている状態でしたので、本日は巣の駆除は見送り。

それにしても、ムクドリが増えたおかげでP-2Jは糞まみれの状態です。

P170506_4

水洗いをしてやろうにも、リニューアル工事の影響で屋外展示場の水道は止まってしまっているし、工事柵で通路が阻まれて高所作業車は機体に近づくことができんし、手の出しようがない。
ほんと、切歯扼腕とはこのことです。 うぐぐ・・・なんとかならんのかー!

・・・それはそうと、
博物館本館の工事の方は、建物北側拡張部分の建設が着々と進んでいます。
鉄骨は組み始まると早いですね。 新たに設置される空中回廊部分も形が見えてきました。

P170506_4_2

午後からは収蔵庫公開の説明員対応。 5月連休中は多くの来館者に賑わいました。

P170506_5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 来週5/13(日) に予定されていました 博物館ボランティア・グループ5月度月例会は、都合のつかない人が多いため、中止になりました。

 次回のボランティア月例会は6月3日(土) 10:00~になります。

|

« 展示機維持活動・YS-11の点検 | トップページ | 竹製落下タンク他の引き取り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示機維持活動・P-2Jの点検:

« 展示機維持活動・YS-11の点検 | トップページ | 竹製落下タンク他の引き取り »