« 2017年6月度ボランティア・グループ月例会 | トップページ | 展示機維持活動・T-33A改とT-1Bのタイヤ点検 等 »

2017年6月10日 (土)

収蔵庫展示「飛燕」取材の対応

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館の本館及び屋外実機展示場はリニューアル工事のため、2018年3月まで一時閉鎖されています。
収蔵庫特別公開を除いて、一般の方々の入館はできなくなっていますのでご注意ください。

収蔵庫特別公開の詳細については博物館公式ホームページ(下記URL)を参照ください。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/3920/017236.html

宝島社が旧日本陸海軍戦闘機を扱ったムックを発売するとのことで、収蔵庫特別公開で分解展示中の「飛燕」戦闘機の取材があり、その対応をしました。

事前のお話では、特に「飛燕」の特集本というわけでなく、零戦など旧日本軍戦闘機全般についての図巻になるということでしたので、現状の展示状態アッサリした感じの取材になるのではと思っていたのですが、
結構、突っ込んだ質問があったり、機体の細かい部分の写真を撮っていかれました。

「CGフルカラー! 日本陸海軍戦闘機大図鑑」、来月7月20日発売の予定とのことです。

P170610_1

|

« 2017年6月度ボランティア・グループ月例会 | トップページ | 展示機維持活動・T-33A改とT-1Bのタイヤ点検 等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収蔵庫展示「飛燕」取材の対応:

« 2017年6月度ボランティア・グループ月例会 | トップページ | 展示機維持活動・T-33A改とT-1Bのタイヤ点検 等 »