« 展示機維持活動・屋外展示機の点検 | トップページ | 「飛燕」油量計についての取材対応 »

2017年7月15日 (土)

展示機維持活動・N-70モーターグライダーのタイヤパンク修理の準備

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館の本館及び屋外実機展示場はリニューアル工事のため、2018年3月まで一時閉鎖されています。
収蔵庫特別公開を除いて、一般の方々の入館はできなくなっていますのでご注意ください。

収蔵庫特別公開の詳細については博物館公式ホームページ(下記URL)を参照ください。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/3920/017236.html

テント倉庫に保管中のN-70シグナス・モーターグライダーのタイヤがパンクしてしまっているのが見つかりました。
このままでは今年末に予定されている博物館本館への搬入に支障が生じる!

というわけで、タイヤのパンク修理が必要なのですが、これまでN-70は吊り展示の機体だったため、タイヤの点検はやったことがなく、脚柱からの外し方がわからん (^_^;

とりあえずはタイヤ着脱方法の確認を行いました。

P170715_1
タイヤの取り外し方は、なんとなく分かったものの、タイヤを取り外す際の機体のジャッキアップの仕方に難儀しそうです。

とりあえず、今日のところはここまでにしました。

|

« 展示機維持活動・屋外展示機の点検 | トップページ | 「飛燕」油量計についての取材対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展示機維持活動・N-70モーターグライダーのタイヤパンク修理の準備:

« 展示機維持活動・屋外展示機の点検 | トップページ | 「飛燕」油量計についての取材対応 »