« 展示機の説明板の内容って・・・ | トップページ | リニューアル後の展示機配置の検討・提案など »

2017年8月 5日 (土)

2017年8月度ボランティア・グループ月例会

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館の本館及び屋外実機展示場はリニューアル工事のため、2018年3月まで一時閉鎖されています。
収蔵庫特別公開を除いて、一般の方々の入館はできなくなっていますのでご注意ください。

収蔵庫特別公開の詳細については博物館公式ホームページ(下記URL)を参照ください。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/3920/017236.html

博物館ボランティア・グループの8月度月例会が行われました。

P170805_1
1) 博物館からの連絡事項
・収蔵庫展示というイレギュラーな状態が続いている中、ボランティアの方々には十分に活躍できる機会が少なくて申し訳なく思っているが、月例会には大勢集まっていただき、大変有り難く思います。
・リニューアル後の運営を担う財団法人は6月に立ち上がり、7月11日に岐阜県知事と各務原市長による共同記者会見が実施され、博物館ロゴマークと愛称「空宙博(そらはく)」が発表されました。
・気になるボランティア組織の再編だが、この数カ月の間に募集要項を定め、改めて募集をすることになる。 ボランティアの皆さんとも相談しながら決めていきたい。

2) 先月の活動報告
・来館者対応: 7月23日、多摩川精機(株)の「飛燕」取材対応。
・7月30日、「飛燕」搭載エンジン・ハ140の過給機のレプリカが川崎重工から博物館に寄贈され、その搬入作業を支援しました。
・展示機状況報告:
 テント倉庫内保管中の展示機点検、屋外展示機の点検・水抜きを実施。
 屋外展示機のムクドリ糞害が少なくなってきている。 カラスが博物館敷地内の木の実を食べに来ており、ムクドリはカラスに追い払われたのかも?様子見。

4) ディスカッション
・リニューアル後のボランティア組織がどういったものになるのか心配。
 待遇等の情報をなるべく早く教えて欲しい。
・11月13日で博物館は展示物移設工事開始により休館になるが、ボランティア月例会は毎月第一土曜日に実施します。
・呉市海事歴史科学館/万世特攻平和祈念館/知覧特攻平和会館/海上自衛隊鹿屋航空基地史料館の見学報告

・・・等々

5) 展示機説明 『「飛燕」来館者説明対策講座その3』
今月は、収蔵庫内で展示中の「飛燕」二型試作17号機の搭載エンジンである「ハ140」についての解説を行いました。

P170805_2
~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、9月2日(土) 10:00~の予定です。

|

« 展示機の説明板の内容って・・・ | トップページ | リニューアル後の展示機配置の検討・提案など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年8月度ボランティア・グループ月例会:

« 展示機の説明板の内容って・・・ | トップページ | リニューアル後の展示機配置の検討・提案など »