« 展示機の館内搬入(その1) | トップページ | 展示機の館内搬入(その2) »

2018年1月20日 (土)

T-1B & T-33A改 搬入イベントの支援

※ かかみがはら航空宇宙科学博物館はリニューアル工事のため、2018年3月24日(土)のリニューアル・オープンまで休館になっています。
一般の方々の入館はできなくなっておりますのでご注意ください。

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/museum/index.html

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の公式WEBは下記URLになります:
http://www.sorahaku.net/

一昨年秋からリニューアル工事のため館内からテント倉庫に移動/保管されていた、展示機の館内への移動が先週から始まりましたが、

自衛隊機の展示機のうち、T-1B #810号機とT-33A改を博物館のリニューアルPRイベントとして、一般募集した子供達40人に博物館建屋まで引っ張ってもらおう!

・・・というイベントが催されました。
まあ、ようするに、民間空港などでよくやられる「飛行機の綱引き」ですね。

子供達に飛行機を引っ張らせるといっても、安全面を考えて、テント倉庫 -> 博物館建屋までの全行程ではなく、建屋の大扉前までの距離約100mくらいを真っすぐに引っ張るというもの。
機体を直接、子供達に手で押させるわけにはいきませんから、トーバー(牽引棒)に長いロープを付けて、それで引っ張ってもらいました。

また、テント倉庫からの機体搬出は、航空自衛隊岐阜基地の隊員さん達のご支援を受けました。

まず、機体を綱引きスタート位置まで、自衛隊の牽引車で移動してもらいます。
T-33A改の移動の様子。

P180120_1

P180120_2
トーバーに綱引き用ロープを取り付けます。

P180120_3

P180120_4

P180120_5
綱引き準備完了。

P180120_6
まずはT-1B #810号機からです。

P180120_7
「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声で引っ張ります。 ・・・って、御神輿かい(^_^;

P180120_8

P180120_9

T-1Bを大扉前まで引っ張れました。
T-1Bは一旦、扉の前で待機状態にして、続いてT-33A改を引っ張ります。

ワッショイ、ワッショイ!

P180120_10

P180120_12

P180120_11

無事に大扉前まで機体を移動させることができました! (^_^)v
子供達&親御さん達も、貴重な体験に大喜びでした。

この後、機体は自衛隊の皆さんによって館内へ搬入されました。

博物館スタッフ、航空自衛隊岐阜基地、博物館支援ボランティア・グループの皆さん、お疲れ様でした。

22日(月)には、一般駐車場のテント倉庫からの機体移動が行われる予定です。
お天気が心配です・・・大丈夫かなぁ。

|

« 展示機の館内搬入(その1) | トップページ | 展示機の館内搬入(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T-1B & T-33A改 搬入イベントの支援:

« 展示機の館内搬入(その1) | トップページ | 展示機の館内搬入(その2) »