« 「文化財としての飛燕」講演会 など | トップページ | ボランティアによるドーセント・ツアー試行 »

2019年3月16日 (土)

屋外展示機維持活動・P-2Jの水洗い

1年ぶりにP-2J対潜哨戒機の水洗いを行いました。

屋外展示機はこれまでの経験上、本当なら半年に一度くらいのペースで洗ってあげるとよいのですが、

P-2Jは前回の再塗装(2007年)から11年経ち、塗装の劣化が進んでもう限界だー!状態なので、今年度中に再塗装が行われるという話があったのですが、結局流れてしまったので(涙)

来週からリニューアル・オープン1周年記念イベントが始まりますので、汚いままにはしていられない!
・・・というわけで、ボランティアの皆さんで水洗いを行おうとなった具合。

朝のうちは雨模様という予報でしたが、天気はよく絶好の水洗い日和だ!!

P190316_1

P190316_2

機体の左舷側は苔生し状態でしたが、みるみるキレイに。

P190316_3
高圧洗浄機を使いたいところですが、水圧が強すぎて塗装が剥がれてはいけませんので、ブラシと雑巾で丁寧に汚れを落としていきます。

ムクドリの糞まみれだった垂直尾翼も、長ーいブラシを使ってやりました。

P190316_4
左舷側は日が当たるので、塗装の劣化がかなり進んでおり、日の丸が薄くなってきちゃってます。
もうホントに再塗装やらないとダメです~!!

P190316_5
今回はエンジンナセルも水洗いました。

P190316_6
午後からは雑巾を使って拭き上げ。

P190316_7
今日は主翼まではやれなかったのですが、だいぶキレイになりました。
参加されたボランティアの皆さん、ありがとうございました&ご苦労様でした。

P190316_8
でも、何度もいいますが、もう塗装がひび割れて剥がれてきている部分が増え、右舷側は塗膜が薄くなって下地が見えてきそうな状態で、もうボランティアの努力だけでは限界です。

来年度こそは、再塗装よろしくお願いしたいです。

|

« 「文化財としての飛燕」講演会 など | トップページ | ボランティアによるドーセント・ツアー試行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋外展示機維持活動・P-2Jの水洗い:

« 「文化財としての飛燕」講演会 など | トップページ | ボランティアによるドーセント・ツアー試行 »