« 2020年1月度ボランティア・グループ月例会 | トップページ | 「研三」企画展準備・胴体実大模型の搬入 »

2020年2月 1日 (土)

2020年2月度ボランティア・グループ月例会

博物館ボランティア・グループの2月度月例会が行われました。


P200201_1

1. 博物館からの連絡事項
・1月の入館者は前年比で75%。 この所、前年比6~7 割前後であったが、少し盛り返した。
・11月末から始まった特別企画展『月を目指す人類の挑戦』は1/13 が最終日。
 サターンV 型ロケットや月球儀作りワークショップ等を実施した。 最終日にはシアタールームで初めての試みとなった音楽会が催され、成功裏に終了。
・1/20~4/5 までA3 ゾーンにて空宙博写真コンテスト作品展(全182 点応募あり)を開催中。 審査員と一般来館者の投票で賞が授与される。
・2月のイベント:
2/8(土)~3/16(月)まで企画展『スピードを追い求めた幻の翼 研三』を開催する。
展示以外にも2/16(日)には鳥養鶴雄氏による講演会、2/23(日)には映画『華麗なるヒコーキ野郎』上映会などを実施予定。
国立科学博物館が所蔵する東大航研の主任設計者・山本峰雄氏や発動機主任・粟野誠一氏の保存資料の調査結果を元に、中学生以上を対象として「研三」の技術開発や発見された当時の試験装置などを解説・展示する。
小学生や未就学の子供についても配慮して、「研三」の紙飛行機を用意するが、飛ばすのが難しく細部を調整中。 幻の研三2号機を自由に想像・描いてもらう、ぬり絵コーナーも用意する。
また、2/24(日)にはラジコンのプロペラ機を用いて飛行機への興味をもってもらう体験教室も企画する。
・リニューアル2周年記念イベントとして、3月から各種教室の他に、STOL実験機「飛鳥」の機内特別公開を検討中。 ボランティアの皆さんのご協力が是非とも必要。 詳しくは3月の例会にて説明します。

2. 前月度の活動報告
・1月は厳寒期でもあるということで基本的に屋外活動は休止中としているため、特に報告事項は無し。

3. ボランティアご意見箱(館側との協議結果を発表)
・宇宙エリアS3 ゾーン:人工衛星の軌道展示に「いぶき2 号」を追加して欲しい。
・博物館ホームページにはスポット・ガイドとガイド・ツアーの案内があるが、そこに「ボランティアが来館者からの質問や疑問に答えます」との一文を入れては如何か? -> ボランティア内でも賛否両論、改めて協議します。
・先月の例会での、ガイド・ツアー告知の館内放送の要望については、本日(2/1)から実施します。
また、乙式一型偵察機とハ140 エンジンの下面に鏡を設置する要望については、実行に向け準備中。

4. 番外『トヨタ博物館の見学報告』
愛知県長久手市のトヨタ博物館におけるガイド・ツアーの様子等をボランティア 鰐部さんから報告。

5. 展示機説明『東大航研/川崎 高速度研究機「研三」』
2/8 からの「研三」企画展開催にあたり、「研三」機の概要について説明を行いました。

O016_ki78

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、3月7日(土) 10:00~の予定です。

※ 3月度ボランティア月例会は新型コロナウィルスの影響のため、3月21日(土)に延期になりました。

|

« 2020年1月度ボランティア・グループ月例会 | トップページ | 「研三」企画展準備・胴体実大模型の搬入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年1月度ボランティア・グループ月例会 | トップページ | 「研三」企画展準備・胴体実大模型の搬入 »