« 「研三」展・会場対応(2/23) | トップページ | 塗装庫内の片付けなど »

2020年2月29日 (土)

新型コロナウイルスの影響・「研三」の小話

博物館から、新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、
2月28日(金)から3月15日(日)まで、来館者との濃厚接触の可能性がある各種ガイド、教室、シミュレータなどの開催・運営は中止するとの方針が示されました。

新型コロナウイルスの影響によるシミュレータ・イベントなどの中止について

博物館は閉鎖にはならないものの、
これを受けてボランティアも展示場での解説・質問の対応、ガイドツアーの活動については当面の間、控えることになりました。
3月から再開予定だった、ボランティアによる屋外展示機維持活動についても、原則中止にしたいと思います。

また、3月7日(土)に予定していたボランティア・グループ3月度月例会は、3月21日(土)に延期になります。
空宙博ボランティアの皆さんはご注意ください。

開催中の企画展「スピードを追い求めた幻の翼 研三-KENSAN-」は、とりあえず3月16日(月)までは開催されますが、期間中の土曜日午後に催されていたギャラリートークは中止になってしまいました。
来週3月7日は私が担当する予定で準備中だったのですが・・・
「あゝ片岡飛行士の歌」をうまく歌えるよう練習したのにぃ~(T_T)

この状況では、やむを得ないですね。

~~~~~

「研三」展ギャラリートークのときに披露しようと思っていたネタ(小話)ですが、

企画展会場で上映中の「研三」記録映像に写っている、川崎航空機の「研三」整備スタッフであった西門啓さんが、
戦後、「研三」のことを次のように語っていたと、西門さんと一緒に働いていた方から教えていただきました。
(映像中、「研三」から降りてきた片岡パイロットと話をしているのが西門さん)

『「研三」は、どこから漏れるのか、水びたしの機体で、
 まるで水の中から引き揚げてきたようだった。
 エンジンはすぐにオーバーヒートしてしまうので、
 (地上では)ホースで水をかけながら運転をしていた。』

・・・やっぱり、冷却器の冷却能力不足で冷えなかったんですね。

しかし「水びたしの機体」とは (^_^;

「研三」の特徴である表面冷却器や、胴体側面のラジエーター装備の仕方に問題があったのですね。
胴体側面のラジエーターのインテイクは見た目カッコイイ!のですが、
これは液冷エンジン機の冷却器配置として褒められたものではないと、2月16日の鳥養鶴雄さんの講演会でも触れられていました。

P200207_ken3cooler
【「研三」中間機(実大模型)の胴体側面ラジエーター部分】

「飛燕」も、エンジン地上運転が長引いたりすると冷却水温がグングン上がっちゃうので、
胴体の下の冷却器めがけてホースでジャージャー水をかけながらエンジン運転したという話を
戦時中に学徒動員で整備の手伝いをされていたという方から伺ったことがあります。

|

« 「研三」展・会場対応(2/23) | トップページ | 塗装庫内の片付けなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「研三」展・会場対応(2/23) | トップページ | 塗装庫内の片付けなど »