« 2020年8月 | トップページ

2020年9月19日 (土)

P-2J対潜哨戒機の再塗装(2020/9/19)

先週から始まった屋外展示機P-2J対潜哨戒機の再塗装作業の状況です。

・・・今週は先週から特に変化なしです。 (^_^;

この連休明けから作業が開始されるとのことです。

P200919_1

P200919_2

P200919_3

P200919_4

P200919_5

P200919_6

P200919_7

P200919_8

機体各部の注意書きなどのマーキングを再現するためのステンシル型紙の製作も進んでいました。
1枚1枚、文字をカッターで切り抜くので大変ですね。


P200919_9
【マーキング用のステンシル型紙を製作中です】

下は、英数字のステンシルを型紙に打ち抜くステンシルマシンです。 こういうのもあるんですね。

P200919_10【英数字の型紙製作に使用するステンシルマシン】

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

P-2J対潜哨戒機の再塗装(2020/9/12)

屋外展示機のP-2J対潜哨戒機の再塗装作業が始まりました。

前回2006年秋の全面再塗装から10年以上経って劣化が進み、博物館ボランティアからも再塗装を強く要望しつづけてきましたが、念願叶いました!
ウレシー! 感謝感激です!!(T_T)

今週は作業足場の設置が行われました。


P200912_1

P200912_2

P200912_3

P200912_4

P200912_5

P200912_6

P200912_7

P200912_8

9/20頃までは、機体各部の状態確認やマーキングなどの調査がおこなわれるとのことです。

 

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

2020年9月度ボランティア・グループ月例会 他

博物館ボランティア・グループの9月度月例会が行われました。

P200905_1

1. 博物館からの連絡事項
・8月の状況:岐阜県・愛知県の新型コロナウィルス第2波非常事態宣言の影響あってか、入館者数はお盆休暇期間中でも1,000人を超えることなく、500~700人/日で推移。8月末で非常事態宣言は解除されたものの、入館者は余り戻っていない。
・非常事態宣言解除を受け、制限を段階的に緩和していくことなり、シミュレータは9/2より再開。 体験物やガイド等は、第3波の備えや対策をとりつつ順次再開してきたいが、具体的な日程はまだ決まっていません。
・ボランティアの来館者応対については、当面の間は館内巡回をしつつ質問をされたら答える程度に留め、対話の際はソーシャルディタンスを守るようにお願いします。
・開催中の企画展「ドローンが拓く未来」は盛況で、新聞・TV局等の取材が多かった。
・前々から要望していた屋外展示機の再塗装について、今年度P-2Jの予算がつき、今月から12月初旬にかけて実施されます。
STOL 実験機「飛鳥」機内特別公開を9/27(日)に実施するので、御支援をお願いします。

2. 前月度の活動報告
・「飛鳥」機内特別公開を支援(8/15)。非常事態宣言で来館者減少の中ではありましたが、大変好評でした。
・展示機維持活動:8/8に屋外展示機4機の機内換気と点検を実施しました。

3. ボランティアご意見箱(館側との協議結果を発表)
・「そらはくシネマ」上映作品について、ボランティアからリクエストは可能??
 今年度分は決定済のため、来年度以降になるが、希望があれば都度リクエストして欲しい(版権上でダメなものあり)。

4. 展示機説明「日本航空機製造 YS-11」
今月は国産旅客機YS-11を取り上げました。

P200905_3

輸送機設計研究会や日本航空機製造の設立から機体開発、製造中止、日航製の解散までの歴史の一通りについて、「5人のサムライ」と呼ばれた航空機設計者・土井武夫氏が赤裸々に語った映像を交えて説明しました。

P200905_2

当館の展示機であるJA8731は、YS-11の通算99号機で、1969年2月25日初飛行しました。全日空からエアーニッポン(ANK)へリースされ、1995年11月末に高松->大阪(伊丹)線のフライトを最後に現役を引退。 1995年12月5日に岐阜飛行場へ飛来し、当館の展示機となりました。総飛行時間50,827時間。

~~~~~~~

次回のボランティア月例会は、10月3日(土) 10:00~の予定です。

 

~~~~~~~

13時30分から、シアタールームにて、小惑星探査機「はやぶさ2」のトークライブが催されました。
講演のようすがYoutubeで公開されています。(下記URL)

https://youtu.be/pMazmDaNXmM

 

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ