« 屋外展示機維持活動・P-2Jの開口部カバーの取付け | トップページ | 2021年3月度ボランティア・グループ月例会 他 »

2021年2月28日 (日)

屋外展示機維持活動・YS-11のドア点検(2021年2月その2)

先週に続き、YS-11の胴体左舷側の乗降ドアのロック固着状況の確認を行いました。

今回はドアのロック機構を作動させるギヤ(ラック&ピニオン)に何か噛み込んだり、引っ掛かっていないか確認したい!

現状ではロック機構のギヤの部分をドアのヒンジアームが遮っており、そのままでは確認できなかったので、ファイバー・スコープを持ち込みました。

P201212_12
【ドアのロックを作動させるギヤは、ヒンジアームに遮られてます】

最近は数千円で売ってるんですね、ファイバースコープ。 いい時代です (^_^;

P210228_1
【モバイルPCで使えるUSBファイバー・スコープを使ってみよう!】

で、ヒンジアームの裏側にファイバー・スコープを突っ込んで、ギヤの部分を確認してみましたが・・・

P210228_2
【ドアのロックを動かすラック&ピニオンですが、う~ん、異常なさそう】

・・・結局、何が悪くて動かなくなっているのかよくわからず。(T_T)

来週は、邪魔になっているドアのヒンジアームを取り外して(あんまりやりたくないのですが~)、
ギヤの部分を直接確認してみたいと思います。

|

« 屋外展示機維持活動・P-2Jの開口部カバーの取付け | トップページ | 2021年3月度ボランティア・グループ月例会 他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋外展示機維持活動・P-2Jの開口部カバーの取付け | トップページ | 2021年3月度ボランティア・グループ月例会 他 »