« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月27日 (日)

大西卓哉宇宙飛行士講演会など

博物館のリニューアル・オープン4年を記念して、JAXAの宇宙飛行士・大西卓哉さんの講演会が館内オリエンテーション・ルームで開催されました。

P220326_1
【大西宇宙飛行士講演会会場の様子】
※ 講演会中の写真撮影は禁止でしたので、これは開始前の写真です。

13:30~14:30までの約1時間の講演会でしたが、ロケットでの打ち上げ・帰還時の様子やISS「きぼう」での活動についてのお話しは、大変興味深く面白い内容でした。

~~~~~~~~~~
空宙博の話題ではありませんが、3月26日の中日新聞夕刊に、戦前の日本最大の航空機であった九二式重爆撃機のプロペラが岐阜市内で見つかり、各務原市に寄贈されたとの記事が載りました。
このプロペラの調査に、私も微力ながら協力をさせていただきました。

九二式重爆撃機プロペラは現在、各務原市川島町にある各務原市歴史民俗資料館・木曽川文化資料館の各務原空襲資料室にて展示されています。

P220106_5
【木曽川文化資料館に収蔵された九二式重爆撃機のプロペラ】
 
P220115_1
【空宙博A2ゾーンにある九二式重爆撃機の1/20模型(写真中央)】

このプロペラ、いろいろ事情があって木曽川文化資料館に収蔵されたのですが、将来、空宙博で展示できたらいいな、と思います。

~~~~~~~~~~

※ ボランティアの皆さんへ連

 週末4/2(土)10:00~ 空宙博ボランティア・グループの月例会です。

 ご参集よろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

展示機維持活動とYS-11機内特別公開(2022年3月)は雨天中止

今日は、午前中に屋外展示機維持活動としてYS-11とV-107Aの点検清掃、
午後からはYS-11の機内特別公開が予定されていましたが、いずれも雨天のため中止となりました。

残念!

屋外での活動はできませんでしたが、収蔵庫内で展示機の点検清掃用の作業台の天板(ベニヤ板製)が劣化してきていたので、これの交換すべく、天板の取外し作業を行いました。

P220325_1
【展示機の水洗いなどで使用する作業台です】

今日のところは天板の取外しまでを行いました。取付作業はまた日を改めて行います。

~~~~~

館内では、この日「第3回 空宙博写真コンテスト」の表彰式があり、その審査員として来館されていた、元JAXA宇宙飛行士で空宙博アンバサダーの山崎直子さんによるISS「きぼう」の特別スポットガイドが、午前・午後の2回(各回約15分)、サプライズイベントとして行われました。

P220325_2
【山崎直子さんのISS「きぼう」スポットガイドの様子】

| | コメント (0)

2022年3月12日 (土)

展示機維持活動・US-1AとP-2Jの点検(2022年3月)

3月度のボランティア月例会は、「まん延防止等重点措置」のため中止となりました。

冬場は寒さで見送ってきた屋外展示機維持活動ですが、暖かくなってきましたので、
感染防止対策をしっかり行った上で、今月から活動再開です!

今日は午前中にUS-1A救難飛行艇、午後にP-2J対潜哨戒機の点検&雨水抜き等を行いました。

US-1Aは胴体各部のハッチを開放して、機内の換気と床下に溜まった雨水抜きを実施。

P220312_1

P220312_2

P-2Jは機内の換気、点検と補助ジェット・エンジン・カバーを開放して防錆油の塗布を実施しました。

P220312_3

| | コメント (0)

2022年3月 5日 (土)

「まん延防止等重点措置」延長のため・・・

今日は本来であれば、3月度の空宙博ボランティア月例会の予定でしたが、
新型コロナウィルス感染症の「まん延防止等重点措置」のため開催延期。

さらに昨日、「まん延防止等重点措置」が3月21日まで延長になりましたので、
今月中の月例会開催は難しい状況になってしまいました。う~ん・・・

思うように活動できない状況ですが、止むを得ないですね。

2月以降、依然として活動は低調にならざるを得ないですが、もうしばらく辛抱しましょうか。

~~~~

岐阜県の令和4年度当初予算に、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館への「F-4EJ改」と体験搭乗用「BK117」の展示について記載されました。
下記のURLを参照ください。

https://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11105/yosan-hensei/R4koukai-3/07/110017.pdf

F-4EJ改戦闘機については、博物館リニューアル計画時に検討委員として参加させていただいた時から展示を強く要望してきた機体でしたので、ようやく・・・といった感じです。
F-4といっても、どの機体になるかハラハラしていましたが、要望通りの国産機F-4EJ改との公表でやれやれです。(^o^;
(当博物館に展示すべきF-4は、国産かつ岐阜県で部品製造された機体であるべきなのだっ!ここは絶対に譲れなかった)
これまで館内の展示位置検討の意見出しなどの協力をしてきていましたが、ようやく公表になりました。
さてさて、どうなりますか・・・。

F4ejkai431_201811
【F-4EJ改の試改修1号機たる#431(2018年岐阜基地航空祭にて)】

体験搭乗用BK117ヘリコプターについては展示場所や運用の仕方など、具体的な相談を受けていないので、コメントは控えます。

下の写真は、博物館リニューアル前(2016年秋)まで展示されていたBK117静強度試験機で展示予定の機体ではありませんが、こんな感じになるのでしょうかね?

Bk117_201211
【参考:2016年まで展示されていたBK117静強度試験機】
 
ちなみに、このBK117静強度試験機は現在の空宙博には存在しません。
2018年に寄贈元である川崎重工業に返却されたのですが、同社で新入社員向け教材になったとか??その後は不明です。

| | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »